楠木正成のゆるい伝記 第2話 元弘の変

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

楠木正成はハローワークの紹介で天皇のもとを訪れた。

そして、面接。

天皇「(履歴書を見ながら)えーと、楠木さんね」

楠木「はい。ハローワークの紹介で来ました」

天皇「反乱の経験は?」

楠木「いえ、ありません」

天皇「経験なし、かぁ」

楠木「でも、頑張りますんで」

天皇「英雄志望なの?」

楠木「はい」

天皇「でもねぇ、英雄になれるのって、1回の反乱でせいぜい一人いるかいないかだよ」

楠木「わかってますけど一応、夢はでかくってことで」

天皇「現場、けっこうドロ臭いよ」

楠木「覚悟してます」

天皇「じゃあ、まあ、人手も少ないことだし」

楠木「はい」

天皇「明日から働いてもらおっかな」

楠木「ありがとうございます!」

楠木正成は天皇(後醍醐天皇)の挙兵に参加し、鎌倉幕府に反抗する立場を取った。

鎌倉幕府のようす。

幕府「いや~信じられん。あの天皇信じられん」

家臣「マジで反乱起こしましたね、天皇」

幕府「しかも続々と仲間集めてるしょ」

家臣「『幕府vs天皇』って感じで、思いっきり日本分裂ですね」

幕府「幕府が勝つに決まってるけどね」

家臣「ですね」

幕府「じゃ、鎮圧して」

家臣「ん」

幕府「反乱、鎮圧して」

家臣「僕がですか?」

幕府「当たり前でしょ」

家臣「えー。しんどいなぁ」

幕府「しんどいって言うな」

家臣「じゃあ、こうしましょう」

幕府「?」

家臣「僕、これから体調管理を怠って風邪をひきます」

幕府「う、うん」

家臣「だから、ちがう人にやらせてください、鎮圧」

幕府「でも、誰にさ」

家臣「エリート武士の足利高氏とか」

というわけで…

ここは足利高氏(のちの尊氏)の屋敷。

足利「見たまえ。幕府からメールだ」

部下「スパムですか?」

足利「出動要請だ」

部下「ほう」

足利「京都のほうで天皇が反乱を起こしたらしい」

部下「天皇が?」

足利「それをすみやかに鎮圧しろ、と」

部下「足利さんはみんなに頼られて大変ですね」

足利「なぜなら、エリートだからね」

足利高氏は鎌倉幕府の要請を受け、反乱鎮圧のために出動した。

ここは天皇の反乱の本拠地・笠置山(かさぎやま)。

楠木「あのぉ」

天皇「なに?」

楠木「おれ、なにしたらいいっすかね?」

天皇「あ、きみね、第二基地」

楠木「第二基地?」

天皇「うん」

楠木「第二とかあるんすか?」

天皇「うん」

楠木「本格的ですね」

天皇「この笠置山が第一基地で……」

楠木「はい」

天皇「もうひとつのほうが、第二基地」

楠木「もうひとつのほうって、どこです?」

天皇「じゃあ……赤坂城でいいや」

楠木「赤坂城?」

天皇「ここずっと真っすぐ行ったら、赤坂城ってあるから」

楠木「はい」

天皇「そこ、第二基地にしよっか」

楠木「それ、今決めたんですか?」

天皇「……最初から決まってたよ」

楠木「今決めた雰囲気、全開なんですけど」

天皇「ははは。まさか。すべて計画的だよ」

楠木「……」

天皇「きみ、第二基地のリーダーやってね」

楠木「リーダー!」

天皇「ね、英雄っぽいしょ」

楠木「いいですね~」

天皇「じゃ、がんばって」

楠木「ちなみに、質問なんですけど」

天皇「うん」

楠木「敵の数って、多いんですか?」

天皇「ま、なんだかんだで、10万近いかな」

楠木「大軍ですね」

天皇「楠木くん。きみには1000人の兵士を与えよう」

楠木「せ?」

天皇「第二基地はまかせた。存分に戦いたまえ」

楠木「いや、戦いたまえ、って」

天皇「なにか?」

楠木「1000人、少なすぎません?」

天皇「だって、第一基地もあっぷあっぷしてるしさ」

楠木「ぜんぜん計画的じゃないっすよ、それ」

天皇「うまいこと言うね。頭いい。きみなら勝てる」

楠木「励ましが投げやりですね」

天皇「まあ、そんなわけさ、がんばって」

楠木正成は赤坂城に移動した。

西暦1331年9月。

楠木正成、赤坂城で挙兵。

第3話へ

楠木正成のゆるい伝記 トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク