豊臣秀吉のゆるい伝記 第45話 乱世は終わった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは大阪。秀吉の家のチャイムが鳴った。

秀吉「はーい。どなた?」

北条家の父「北条家の父です」

秀吉「あ、どうも」

北条家の父「こんにちは(笑顔)」

秀吉「こ、こんにちは」

北条家の父「笑顔がかたくてすいません」

秀吉「い、いえ…」

北条家の父「先日は電話で失礼しました」

秀吉「実際に会うのははじめてだね」

北条家の父「はい」

秀吉「関東からはるばる来たの?」

北条家の父「来ちゃいました」

秀吉「まあ、どうぞ入って入って」

北条家の父「今日は息子のことでお詫びに来ました」

秀吉「まだぼくをボコボコにするって言ってます?」

北条家の父「言ってますね。朝昼晩、言ってます」

秀吉「マジっすか…」

北条家の父「ご迷惑をおかけしてすいません」

秀吉「一応、戦国時代はもう終了したんですよ」

北条家の父「ニュースで見ました」

秀吉「だから、これからはルールを守って平和にお願いしますね」

北条家の父「でも、ぶっちゃけた話、しちゃっていいです?」

秀吉「え。うん。いいよ」

北条家の父「日本って今までずーっと戦国時代だったでしょ」

秀吉「うん」

北条家の父「だから、みんなの中に甘えがあると思うんです」

秀吉「甘えっていうと?」

北条家の父「ちょっとくらいルール無用でも、まあ許されるでしょうっていう甘え」

秀吉「はぁ、なるほど」

北条家の父「そういう甘えをなくすには、見せしめが必要だと思うんですよ」

秀吉「見せしめ?」

北条家の父「平和を乱す人間には罰を与えますよ、っていう見せしめ」

そこへ兵士があわててやってきた。

兵士「秀吉さん、事件です!」

秀吉「どした?」

兵士「北条家の息子さんが、打倒秀吉の旗をあげて暴れだしました」

秀吉「えぇっ!」

西暦1589年。

北条家は上野国(こうずけのくに)の名胡桃城(なくるみじょう)を奇襲攻撃し、奪取した。

北条家の父「きっと僕へのプレゼントのつもりなんですよ」

秀吉「プレゼント?」

北条家の父「ひと様のお城うばって、父親へのプレゼントだなんて。もう戦国時代は終わったっていうのに、バカな子でしょ」

秀吉「……」

北条家の父「どんなバカな顔してるか、もっとよく見ておけばよかった」

秀吉「え、どういう意味?」

北条家の父「秀吉さん…」

秀吉「はい」

北条家の父「というわけで、僕、切腹しますね」

秀吉「え!?」

北条家の父「北条家は罰を受けなくちゃなりません」

秀吉「なにも切腹なんかしなくても…」

北条家の父「平和を乱すものはこうなる、っていうガツンとした見せしめが必要でしょ」

秀吉「いや、」

北条家の父「大丈夫。きちんと死にますよ」

北条家の父は笑った。

秀吉「ずるいよ。こんなときだけ笑顔うまくて」

北条家の父「そのかわり、できれば息子を助けてあげてください」

惣無事令にそむいた責任をとり、北条家の父(北条氏政)は自害した。

最終話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク