豊臣秀吉のゆるい伝記 第43話 関白

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秀吉は征夷大将軍になるために、朝廷に働きかけることにした。

秀吉「でもさ」

兵士「はい」

秀吉「朝廷に働きかけるっていっても、どうすりゃいいのかな」

兵士「じつはですね…」

秀吉「うん」

兵士「きょうの朝刊にこんなのが入ってました」

秀吉「なにこれ」

兵士「征夷大将軍募集のチラシです」

秀吉「おお~」

兵士「裏が申し込み用紙になってます。これに記入してFAXすればOKですよ」

秀吉「さっそく応募しよう」

兵士「じゃあ、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を書いてください」

秀吉「この欄はどう書けばいいの?」

兵士「どれです?」

秀吉「『あなたは源氏の子孫ですか?平氏の子孫ですか?』っていう欄」

兵士「源氏と平氏って、知ってます?」

秀吉「名門ってことくらいは」

兵士「武家の2大名門ファミリーです」

秀吉「うん」

兵士「秀吉さんはどっちの子孫ですか?」

秀吉「どっちでもないよ」

兵士「それはマズイなぁ」

秀吉「だっておれ、もともと農民の出身だし」

兵士「あ、そうでしたね」

秀吉「そんな名門の血、ひいてないよ」

兵士「うーん…」

秀吉「じゃあここは空欄でいいか」

兵士「いや、それだと書類審査で落とされるかも」

秀吉「それ、困るね」

兵士「適当に書いちゃいましょう。源氏と平氏どっちにします?」

秀吉「じゃあ平氏」

兵士「即答ですね」

秀吉「『平』っていう字のほうが簡単でしょ」

秀吉は申込用紙を記入し、朝廷にFAXした。

ここは朝廷。

朝廷の人1「おもしれー」

朝廷の人2「なに面白がってるのさ」

朝廷の人1「FAXじゃんじゃん来るぅ」

朝廷の人2「え、なんで?」

朝廷の人1「きょうの朝刊にね、征夷大将軍の募集チラシ、入れたんだよね」

朝廷の人2「マジ?」

朝廷の人1「そしたら応募のFAXじゃんじゃん来てさ。ククク」

朝廷の人2「そんなに面白いかな」

朝廷の人1「世の中がおれの手のひらで踊ってる気しない? ククク」

朝廷の人2「べつにしないけど」

朝廷の人1「いろんなところから申し込みのFAX来てるよ。一枚、見てみ」

朝廷の人2「ふーん」

朝廷の人1「志望動機とかみんな神妙に書いててウケるしょ」

朝廷の人2「あれ? なにこれ?」

朝廷の人1「ん」

朝廷の人2「応募用紙のこの欄」

朝廷の人1「この欄って?」

朝廷の人2「『あなたは源氏の子孫ですか?平氏の子孫ですか?』っていう欄」

朝廷の人1「ああ、一応そういう欄もつくってみたの」

朝廷の人2「だって、征夷大将軍って源氏しかなれないじゃん

朝廷の人1「うん」

朝廷の人2「わざわざここに『平氏です』なんて書いてくるやつ、いないよ」

朝廷の人1「だれかこれに引っかかるかな~と思って、罠っぽく仕掛けてみたんだけど…」

朝廷の人2「だれも引っかからないしょ?」

朝廷の人1「うん」

朝廷の人2「そんなのに引っかかる無知なやつ、いるはず…」

朝廷の人1「いた――!」

朝廷の人2「うそぉ?」

朝廷の人1「ほら見てコイツ。平氏ってかいてある」

朝廷の人2「うわー、イタいね」

朝廷の人1「イタすぎだね」

朝廷の人2「だれさ、それ」

朝廷の人1「えーとね」

朝廷の人2「うん」

朝廷の人1「Σ( ̄□ ̄; 秀吉さん!」

朝廷の人2「えっ」

朝廷の人1「秀吉さんだ…」

朝廷の人2「秀吉さんって、あの?」

朝廷の人1「うん」

朝廷の人2「秀吉さんほどの実力者なら、征夷大将軍にしないわけにはいかないんでない?」

朝廷の人1「でも、平氏を名乗ってる人間を征夷大将軍にするなんて、前例がないし…」

朝廷の人2「ここで断ったら、秀吉さん、怒るよ」

朝廷の人1「やっばいな~」

朝廷の人2「あ、いいこと思いついた!」

朝廷の人1「なに?」

朝廷の人2「征夷大将軍が無理なら、関白にしてあげれば?」

朝廷の人1「ああ、関白ね」

朝廷の人2「ぶっちゃけ関白のほうが偉いしさ」

朝廷の人1「そうだね。そうしよう」

翌日。

とある道端で…

朝廷の人2「こんにちは。朝廷のものです」

秀吉「あ、朝廷さんですか。FAX見てくれました?」

朝廷の人2「征夷大将軍への応募、ありがとうございました」

秀吉「えへへ」

朝廷の人2「というわけで、あなたを関白に任命します」

秀吉 (゚∀゚)ん?

朝廷の人2「おめでとうございます。じゃ私はこれで」

朝廷の人2は去った。

すこし離れた場所で…

朝廷の人1「どうだった?」

朝廷の人2「有無を言わさず去ってきた」

朝廷の人1「見て。秀吉さん、キョトンとしてるよ」

朝廷の人2「ホントだ」

朝廷の人1「無理もないか。征夷大将軍に応募したら関白に任命されたんだもんね」

朝廷の人2「わけわかんないもんね」

朝廷の人1「わけわかんないね」

朝廷の人2「…見て。まだキョトンとしてる」

朝廷の人1「必死に事態を理解しようとしてるのかな」

朝廷の人2「でもぜんぜん理解できないんだろうね」

秀吉は平氏を名乗ったため征夷大将軍になれなかった。

そのかわり西暦1585年7月11日、関白に就任した。

第44話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生