豊臣秀吉のゆるい伝記 第42話 征夷大将軍

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは関東地方。北条親子の会話。

北条家の父「ほらね」

北条家の子「なにがですか?」

北条家の父「家康、やっぱり丸め込まれたしょ」

北条家の子「そんな予想、一言もいってなかったじゃないですか」

北条家の父「心の中で思ってた。一日に7~8回は思ってた」

北条家の子「口に出して言ってくださいよ」

北条家の父「まぁ、とにかく…」

北条家の子「はい」

北条家の父「秀吉は一筋縄ではいかない男だってことだよ」

北条家の子「そうですね」

北条家の父「だから、そんな手ごわいヤツを敵に回すのはやめて、素直に従おう」

北条家の子「従いません。ぼくが倒してみせます」

北条家の父「…その自信はどこから?」

北条家の子「秀吉にはハクがありません。見るからにただの一発屋です」

北条家の父「そうかな」

北条家の子「そうですよ」

北条家の父「ハクって例えば、なにさ?」

北条家の子「たとえば、征夷大将軍になるとか」

北条家の父「おぉ…」

北条家の子「秀吉が征夷大将軍に就任したら、ぼくも秀吉を天下人と認めますよ」

北条家の父「その話、うそじゃないよね?」

北条家の子「はい」

ここは関西。秀吉の家。

夜。

北条家の父(北条氏政)から電話がかかってきた。

秀吉「ハイもしもし」

北条家の父「夜分すみません。秀吉さんですか?」

秀吉「そうですよ」

北条家の父「ご本人ですか? 間違いないですよね?」

秀吉「はい」

北条家の父「全国制覇をしたわけではないのに、勢いで天下人を名乗ってる、あの秀吉さんですよね?」

秀吉「……は、はい」

北条家の父「ぼく、関東で戦国武将をやってる北条といいます」

秀吉「あ、どうも」

北条家の父「じつはですね、うちの息子があなたをボコボコにしようとしてまして」

秀吉 Σ( ̄□ ̄;は?

北条家の父「やんちゃボーイで困ってるんですよ。なんとかしてください」

秀吉「いや、そんなの家庭でなんとかしてくださいよ」

北条家の父「すべては秀吉さん次第なんです」

秀吉「ぼく?」

北条家の父「あなたが征夷大将軍に就任すれば、息子はあなたをボコボコにするのを諦めるといってます」

秀吉「え、征夷大将軍って?」

北条家の父「よろしくお願いしますね!」

秀吉「ちょっと…」

電話は切れた。

秀吉「困った」

兵士「どうしたんです?」

秀吉「征夷大将軍って、なに?」

兵士「武士の一番えらい人ですよ」

秀吉「それにならないと、おれ、ボコボコにされるみたい」

兵士「えー、じゃあ、はやく手を打たないと!」

秀吉「でも、どうすればいいのさ」

兵士「征夷大将軍を任命するのは朝廷です。朝廷に働きかけましょう」

秀吉「うん」

こうして、秀吉の朝廷工作がはじまる。

しかし、ここで秀吉は重大なミスを犯す。

第43話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生