豊臣秀吉のゆるい伝記 第41話 外交の勝利

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ある日。秀吉がボロボロになって帰宅した。

秀吉「た、ただいま。いてて…」

兵士「うわっ。傷だらけじゃないですか!」

秀吉「リーゼントの40代にからまれた…」

兵士「だれですか?」

秀吉「知らないよ。いきなり襲われたんだもん」

西暦1584年4月。

秀吉は徳川家康と武力衝突し、敗れた。

そのころ朝廷では。

朝廷の人1「最近、秀吉の勢い、すごいよね」

朝廷の人2「ああ、すごいね」

朝廷の人1「一応おれらも、ご機嫌とっといたほうが、いくない?」

朝廷の人2「だね。でも、どうやってご機嫌とる?」

朝廷の人1「官位でもあげるか」

朝廷の人2「いま、内大臣の官位ならあまってるけど、これでいいかな」

朝廷の人1「いいんじゃない? それ、あげよう」

一方…

家康と織田信雄のようす。

家康「さっきそこで秀吉をボッコボコにしてやりましたよ」

織田信雄「いいね~。これからもどんどん頼むよ」

家康「わかりました」

織田信雄「ふたりで秀吉の天下を奪おう!」

家康「はい」

織田信雄「ところで。秀吉、びびってた? 泣いてた?」

家康「いや、泣いてたかどうか分かんないですけど」

織田信雄「秀吉のようす、見てこようかなぁ」

家康「危ないですよ。ぼくたちは今、秀吉と敵対モードなんですから」

織田信雄「変装して行くから大丈夫」

織田信雄は変装して出掛けた。

その頃…

朝廷は秀吉に接近した。

朝廷の人1「秀吉さん、こんにちは」

秀吉「はい?」

朝廷の人1「どうも。朝廷です」

秀吉「ちょうてい?」

朝廷の人1「今日はプレゼントを持ってきました。なんだと思います?」

秀吉「さぁ…」

朝廷の人1「なんと、官位です!」

秀吉「……」

朝廷の人1「官位をあげます!」

秀吉「……」

朝廷の人1「…かんい」

秀吉「かんいって、なんですか?」

朝廷の人1「え」

秀吉「もしかして新しい詐欺かなんかですね」

朝廷の人1「ち、違いますよ」

秀吉「とにかく、そんな得体の知れないもの、いりません」

朝廷の人1「もらってくださいよ」

秀吉「そんなに誰かにあげたいなら…」

朝廷の人1「はい」

秀吉「あの人にでもあげてください」

朝廷の人1「あの人って?」

秀吉「ほら、あの木の陰にいる人」

朝廷の人1「あのいかにも変装って感じのサングラスをかけてる人ですか?」

秀吉「そうです」

その夜。

ここは秀吉の家。

秀吉「今日ね、詐欺師に会ったさ」

兵士「えー、大丈夫でした?」

秀吉「あざやかに撃退してやった」

兵士「さすがですね」

一方…

織田信雄と家康の会話。

織田信雄「~♪」

家康「何かいいことでもあったんですか?」

織田信雄「官位もらっちゃった。内大臣」

家康「すごいですね」

織田信雄「秀吉の口ぞえがあったんだってさ」

家康「秀吉の?」

織田信雄「うん。あいつ、いいやつだね」

家康「そ、そうですか」

織田信雄「さっき秀吉にお礼の電話してさ、すっかり友達になっちゃった」

家康「えっ。じゃあ、秀吉との戦いは…」

織田信雄「あ、そんなの中止」

家康「……」

西暦1584年11月。

織田信雄は、家康に無断で秀吉と講和してしまった。

家康「あの、信雄さん」

織田信雄「ん?」

家康「あなたが秀吉をやっつけたいっていうから、僕は秀吉にケンカを売ったんですけど」

織田信雄「お疲れ」

家康「……」

家康は戦う理由を失い、矛をおさめた。

こうして秀吉は家康に武力では負けたが、外交で勝利した。

第42話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク