豊臣秀吉のゆるい伝記 第40話 秀吉vs家康

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

家康は北条家の父に、リーゼントにした事情を話しはじめた。

家康「本能寺の変で織田信長が亡くなって…」

北条家の父「はい」

家康「そのあと秀吉が急速にいきがり始めましたよね」

北条家の父「そうですね」

家康「そんなある日、意外な人物が僕のところにやってきたんです」

北条家の父「誰ですか?」

家康「死んだ信長さんの次男、信雄くんです」

北条家の父「ほう」

家康「信雄くんは秀吉に腹を立てていました」

北条家の父「そうなんですか?」

家康「僕と信雄くんはこんな会話をしました」

以下、回想シーン。

織田信雄「秀吉、むかつかね?」

家康「いや、僕はべつに」

織田信雄「だってあいつ明らかに織田家を乗っ取ろうとしてるしょ」

家康「まあ、そうかもしれませんね」

織田信雄「というわけで、おれ、秀吉をやっつけようと思うんだよね」

家康「でも秀吉は強いって話ですよ」

織田信雄「そう、強い。そこで相談なんだけど…」

家康「はい」

織田信雄「おれの変わりに秀吉をやっつけてよ」

家康「えっ。僕が?」

織田信雄「徳川家康っていったら東海一の戦国武将でしょ」

家康「ええ。まぁ」

織田信雄「頼むよ」

家康「でも、僕はほら、ぽっちゃり系のタヌキ顔で迫力に欠けますし」

織田信雄「そうだね」

家康「秀吉相手にケンカするなんて無理ですよ」

織田信雄「じゃあ、リーゼントだ」

家康「ん?」

織田信雄「リーゼントにして顔に迫力をつけよう」

家康「……」

回想シーン、終わり。

家康「というわけなんです」

北条家の父「なんていうか…。ドンマイ」

家康「話を聞いてくれてありがとうございます。気持ちが落ち着きました」

北条家の父「秀吉との決闘は、いつですか?」

家康「今日、これからです」

西暦1584年3月。

織田信雄の要請を受けた徳川家康は、秀吉に宣戦を布告した。

秀吉vs家康の戦いが始まる。

第41話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク