豊臣秀吉のゆるい伝記 第36話 対決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秀吉はまた兵士に怒られた。

兵士「なにやってるんですか~!」

秀吉「すいません…」

兵士「長浜城は柴田ファミリーにプレゼントした城ですよ」

秀吉「はい」

兵士「それをどうして奪い返しちゃったんですかぁ」

秀吉「だって、むこうが勝手に降伏してきたんだもん」

兵士「きっと柴田さんはカンカンですよ。たぶん殴りこんできますね」

秀吉「でも柴田さんは今、雪で身動きとれないしょ」

兵士「雪は、いつかとけます」

秀吉「春が来なきゃいいのに…」

春が来た。

兵士「柴田さんが攻めてきました!」

秀吉 (-_-;)はーい

秀吉は賤ヶ岳のあたりに基地をつくり、柴田勝家とにらみ合った。

秀吉の陣営のようす。

秀吉「うわぁ。柴田さん、大軍だね」

兵士「かなり手強いですね」

秀吉「さてと…」

兵士「なんです?」

秀吉「引退でもするかな」

兵士「は?」

秀吉「あとは頼むよ。じゃ、おれはこれで」

兵士「都合よく引退しないでください」

秀吉「だって柴田さん怖いんだもん」

兵士「司令官がそんなことでどうするんですか」

秀吉「そうだね、司令官がこれじゃ困るよね」

兵士「そうですよ」

秀吉「おれ司令官失格だ。しかたない。引退しよう。残念だ」

兵士「嬉しそうじゃないですか」

秀吉「まあ、そんなわけで、あとは頼むよ」

兵士「本気ですか?」

秀吉「本気」

兵士「引退したあとはどうするつもりなんですか?」

秀吉「おれ、グルメリポーターになる」

兵士「は?」

秀吉「グルメリポーター」

兵士「なんでいきなり…」

秀吉「美味しいものをひたすら食べる仕事。素晴らしいじゃない!」

グルメリポーターになる。秀吉のこの決断が、柴田勝家を滅亡に追いやる。

第37話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生