豊臣秀吉のゆるい伝記 第35話 雪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

西暦1582年の後半。柴田勝家の息子は長浜城に入り、秀吉ににらみをきかせていた。

秀吉「まいったな~」

兵士「完全に監視下におかれてますね」

秀吉「このままだとおれ、いつ柴田ファミリーに滅ぼされてもおかしくないよね?」

兵士「はい」

秀吉「よし、こうなったら…」

兵士「どうするんです?」

秀吉「徹底的に柴田ファミリーのご機嫌をとろう」

兵士「でもそれだと秀吉さんのプライドが…」

秀吉「あ、雪」

兵士「本当だ。寒い季節になりましたね」

秀吉「キラリーン。ひらめいた!」

兵士「なんです?」

秀吉「柴田さんの息子さんって、長浜城に入ったばっかりで、城のこと、まだよくわかんないよね」

兵士「でしょうね」

秀吉「ストーブの場所、教えてあげようかな」

兵士「は?」

秀吉「長浜城のストーブってさ、わかりづらいところにしまってあるしょ」

兵士「ああ、ガレージの奥の奥でしたね」

秀吉「その場所を教えてあげるの」

兵士「親切ですね」

秀吉は長浜城に電話をした。

柴田勝家の息子が出た。

柴田の息子「はい。柴田です」

秀吉「秀吉です」

柴田の息子「おお。なした?」

秀吉「柴田さんは長浜城に引っ越してきたばっかりだから、その城のことよくわからないですよね?」

柴田の息子「え?」

秀吉「ぼくは詳しいです。必要ならいつでも伺いますよ」

柴田の息子「そ、それはもしかして…」

秀吉「はい?」

柴田の息子「『長浜城の構造は知り尽くしてるから、いつでも攻略してやる』ということか」

秀吉「え、いや…」

柴田の息子「たしかにこの城はもともとおまえの城だったもんな」

秀吉「そうですけど」

柴田の息子「でも来るなら来てみろ。おれには親父(柴田勝家)がついてる」

秀吉「わかってますよ」

柴田の息子「何かあったら親父がすぐに北陸から助けに来てくれるぞ」

秀吉「そうじゃなくて、ぼくが心配してるのは雪のことです」

柴田の息子「雪…」

秀吉「さっきから雪が降りはじめたでしょ」

柴田の息子「しまった! 雪がふれば北陸にいる親父は馬で移動できない!」

秀吉「まあ、そんな話はいいんですけど」

柴田の息子「つまりおれは孤立無援か。むむ。これじゃ勝ち目はないな」

秀吉「なんの話ですか」

柴田の息子「やむをえん。降参する!」

秀吉「えっ」

秀吉は柴田勝家の息子を懐柔し、戦わずして長浜城を取り戻した。

秀吉の手腕に人々は驚嘆した。

第36話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク