豊臣秀吉のゆるい伝記 第34話 長浜城

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

秀吉は内に柴田勝家、外に北条氏という強敵をもち、困っていた。

秀吉「どうしよう…」

兵士「柴田さんからも北条さんからもケンカ売られちゃいましたね」

秀吉「やばいなぁ」

兵士「同時にたくさんの敵と戦うのは無理です。ひとまず柴田さんとは仲直りしておきましょう」

秀吉「そう簡単にいうなって」

兵士「電話して、ご機嫌とって、うまく仲直りしてください」

秀吉「できるかなぁ…」

秀吉は柴田勝家に電話をした。

秀吉「あの~。柴田さん」

柴田「なんだよ、サル」

秀吉「お願いですから仲直りしません?」

柴田「やだね」

秀吉「ぼく、いろんなところに敵を作っちゃってて、もう一杯いっぱいなんですよ」

柴田「だいぶ困ってるの?」

秀吉「はい。困ってます」

柴田「まあ、条件次第では仲直りしてやらないこともないけど」

秀吉「条件って?」

柴田「おまえの領土、ちょっとおれにちょうだい」

秀吉「領土っすか。そうですね、ちょっとくらいなら、べつにいいですけど」

柴田「じゃあ、長浜城をくれ」

秀吉「えっ。長浜城!?」

柴田「お城ひとつでおれと仲直りできるなら安いもんじゃん」

秀吉「でも、あの城は京都にも近いし、かなり重要なポイントなんで、あんまり手放したくないんすよね。ほかの城じゃダメですか?」

柴田「ダメ。長浜城じゃないとヤダ」

秀吉「わ、わかりましたよ。長浜城をあげますから仲良くしてください」

柴田「うひひひ」

秀吉は柴田勝家に長浜城をゆずりわたしてしまった。

ここは柴田勝家の城。

柴田「おい。息子よ」

柴田の息子「なんだい。父さん」

柴田「サルが長浜城をくれたぞ」

柴田の息子「マジ?やったしょ」

柴田「おまえ、そこの城主になれ」

柴田の息子「いいの? でも、父さんも長浜の城主になりたいんじゃないの? あそこ京都に近いし、やたら重要ポイントでしょ」

柴田「おれは北陸の領土経営が忙しいから、おまえにまかせる」

柴田の息子「わかった。まかして」

柴田勝家の息子(養子)の柴田勝豊が長浜城主になった。

一方、秀吉は兵士に怒られていた。

兵士「どうしてあんな大事な城をあげちゃったんですか!」

秀吉「いや、それで仲直りできるならいいかなと思って」

兵士「おかげでこっちは軍事的にかなり不利になりましたよ」

秀吉「そんな怒らないでよ」

兵士「怒りますよ。このままだと柴田さんに滅ぼされちゃいますよ! いいんですか?」

秀吉「(-_-;)よくない」

こうして秀吉の状況はますます悪くなっていった。

第35話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク