豊臣秀吉のゆるい伝記 第33話 北条氏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秀吉が関西で覇権を確立しつつあったその頃、関東地方では北条一族の支配がゆるぎないものとなっていた。

北条家の父「わが北条一族が関東を支配してから、もうすぐ100年くらいになるなぁ」

北条家の子「もうそんなになりますかね」

北条家の父「なるよ。おれたち、ゆるぎないね~」

北条家の子「これからももっと頑張っていきましょうね」

北条家の父「もちろんだ」

北条家の子「そこで、お父さん」

北条家の父「なんだい。息子よ」

北条家の子「時勢について、意見を伺いたいのですが」

北条家の父「お父さんにわからないことはないよ。言ってみなさい」

北条家の子「まず本能寺の変についてですが……」

北条家の父「ん?」

北条家の子「知ってますよね? 本能寺の変」

北条家の父「……し、知ってる(汗)」

北条家の子「みっちーvs信長の戦いですよ」

北条家の父「ああ。あれか。はいはい。あれね」

北条家の子「本当にわかってます?」

北条家の父「も、もちろん」

北条家の子「本能寺の変について、意見をきかせてください」

北条家の父「みっちーvs信長。どちらが勝つのか、じっくりと行く末を見守るべきだな」

北条家の子「いえ、ていうか、もうみっちーが勝ったんですけど」

北条家の父 Σ( ̄□ ̄;

北条家の子「じゃあ、話題を変えます」

北条家の父「う、うん」

北条家の子「本能寺の変のあとの話ですが」

北条家の父「はいはい。おれの得意分野ね」

北条家の子「秀吉vsみっちーの戦いについては、どう思います?」

北条家の父「はたしてどちらが勝つのか、ここはじっくりと行く末を……」

北条家の子「いえ、もう秀吉が勝ったんですけど」

北条家の父 Σ( ̄□ ̄;

北条家の子「……お父さん」

北条家の父「そんな目でおれを見るな」

北条家の子「じゃあ、話題を変えます」

北条家の父「お願いします」

北条家の子「とにかく、秀吉は今、絶好調ですよね」

北条家の父「だよね。うん」

北条家の子「そこで、秀吉にメールを書きました」

北条家の父「なるほど。メル友として仲良くなり、秀吉にかわいがってもらうというわけか。いいね」

北条家の子「いえ。違います。メールの文面はこうです……」

北条家の父「?」

北条家の子「秀吉、やっつける! 覚悟しろ!」

北条家の父「えっ」

北条家の子「さっそく送信します」

北条家の父「待て待て。落ち着け」

北条家の子「なんですか?」

北条家の父「年取ってから『あの頃はおれもヤンチャだった』って言いたいのか知らんけどさ」

北条家の子「違いますよ」

北条家の父「とにかく、そのメールはまずいって」

北条家の子「どうしてです?」

北条家の父「ゴタゴタになるしょ。ゴタゴタは良くない」

北条家の子「お父さん」

北条家の父「はい」

北条家の子「お父さんは1573年に、家督を僕にゆずりましたよね」

北条家の父「ゆずった」

北条家の子「ということは、現在の北条家のリーダーは、この僕です」

北条家の父「うん」

北条家の子「僕の意見にしたがってもらいます」

北条家の父「だからってわざわざ絶好調の人間にケンカ売ることないしょ」

北条家の子「僕たち北条家は関東の雄です。いっぽう、秀吉は関西の雄」

北条家の父「うん」

北条家の子「両雄ならび立たず。天下に英雄はふたりもいりません」

北条家の父「しかし……」

北条家の子「僕は秀吉と戦って、勝ってみせます」

北条家の子(北条氏直)はメールを送信した。

ここは関西。

秀吉の城。

兵士「秀吉さん、メールが来てますよ」

秀吉「誰から?」

兵士「関東の北条さん」

秀吉「なんて?」

兵士「やっつける! 覚悟しろ!って」

秀吉「……」

兵士「あ。もう一通きてます」

秀吉「誰から?」

兵士「織田家の社内メールですね。柴田さんからです」

秀吉「なんて?」

兵士「同じく、やっつける! 覚悟しろ!って」

秀吉「……」

兵士「織田家の内部にも外部にも、敵をつくっちゃいましたね」

秀吉「うん(汗)」

ここをうまく乗り切れば、天下が転がりこんでくる。しかし、しくじれば身を滅ぼす。人生をかけた一世一代の駆け引きがはじまる。

第34話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ