豊臣秀吉のゆるい伝記 第32話 信長の葬儀

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秀吉は清州会議で織田家の実験を握った。

会議のあと、秀吉と柴田勝家はそれぞれの本拠地へ帰った。

ここは秀吉の本拠地。

秀吉は柴田勝家に電話をした。

秀吉「もしもし」

柴田「なんだ。サルか」

秀吉「この前はすいませんでした。勝手に会議の流れを牛耳った、みたいになっちゃって」

柴田「ホントだよ」

秀吉「ところで、大事なお話があるんですけど」

柴田「なに?」

秀吉「信長さんのお葬式って、まだですよね」

柴田「ああ、まだやってなかったね」

秀吉「そろそろやったほうがいいですよね」

柴田「うん」

秀吉「柴田さん、葬儀屋の手配とかくわしいですか?」

柴田「まあね」

秀吉「じゃ、お願いしていいですか?」

柴田「やだ」

秀吉「え、どうして?」

柴田「おまえが自分でやればいいしょ」

秀吉「僕、そういうの詳しくないんですから、困りますよ~」

柴田「ひひひ。困れ困れ。おまえが困るのを見ると、おれは嬉しいんだよ。むふふ」

秀吉「そんなぁ~」

柴田「あたふた頑張りたまえ。じゃ」

チンッ!

電話は切れた。

秀吉「困った」

兵士「どうしました?」

秀吉「信長さんの葬式を仕切ることになった……」

兵士「秀吉さん、これはビッグチャンスですよ」

秀吉「ビッグチャンス?」

兵士「世間の人に秀吉体制の確立をアピールする、ビッグチャンスです」

秀吉「ん?」

西暦1582年7月15日。織田信長の葬儀が行われた。

世間の人々の反応は……

人々1「さて、ここで問題です。この葬儀の主催者は、だれでしょう?」

人々2「そんなの簡単じゃん」

人々1「だれさ?」

人々2「葬儀っていうのはふつう、組織のナンバーワンが主催するしょ」

人々1「うん」

人々2「織田家臣団のナンバーワンは、筆頭家老の柴田勝家だよね。だからこの葬儀の主催者は、柴田勝家」

人々1「ブブー。正解は秀吉でした~」

人々2「はぁ? 秀吉? あの人、柴田勝家よりもえらいの?」

人々1「なんか最近、そうみたいだよ」

人々2「そっかぁ。これからは秀吉の時代か~」

人々1「うん。秀吉の時代がはじまるよ」

秀吉は、信長の葬儀を取り仕切るというパフォーマンスにより、「織田家のナンバーワンは自分だ」ということを世間に強く印象づけた。

第33話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク