豊臣秀吉のゆるい伝記 第30話 赤ちゃん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秀吉は山崎の戦いに勝利した。 だが、おかげで先輩社員の柴田勝家に目をつけられるはめになった。

柴田「おいっ。秀吉」

秀吉「は、はい」

柴田「おまえ、信長さんのカタキを討ったからって調子に乗るなよ」

秀吉「いえ、べつに乗ってませんよ」

柴田「もしかして、信長さんの天下統一事業を継ぐのは自分だ、なんて思ってるんじゃないだろうね?」

秀吉「思ってませんって」

柴田「ウソつけ。思ってるくせに」

秀吉「いやホント違いますって」

柴田「そのうちヤキ入れてやるから覚悟しとけよ。プンプン!」

秀吉「えぇ~…」

秀吉は柴田勝家を敵に回してしまった。

秀吉「困った。柴田さんに嫌われちゃった」

兵士「柴田さんは織田家の重鎮です。嫌われたら織田家ではやっていけませんよ」

秀吉「織田家でやっていけないってことは、おれ、転職するしかないってこと?」

兵士「そうですね」

秀吉「うっそぉ~。せっかくここまで出世したのに」

兵士「でも秀吉さんほどの人物なら、他のところでも高給で雇ってくれますよ」

秀吉「いや、もういいや」

兵士「いいとは?」

秀吉「おれ、癒されたい。もっとほんわかした仕事がしたい」

兵士「例えば?」

秀吉「例えばベビーシッターとか。赤ちゃんの顔見てたら癒されそうだし」

兵士「でも、いきなりベビーシッターなんてできます?」

秀吉「ちょっとは練習しておいたほうがいいかな」

兵士「もちろん」

秀吉「どっかにいないかなぁ。実験台になってくれる赤ちゃん」

兵士「実験台って言わないで下さい」

秀吉「あ! なぜかあんなところに赤ちゃん発見!」

兵士「あぁ、あれは……」

秀吉「さっそく実験台になってもらおう」

兵士「あ、ダメですよ。その赤ちゃんは!」

秀吉は兵士がとめるのも聞かず、赤ちゃんと遊んだ。

兵士「赤ちゃんと遊んでる場合じゃないですよ」

秀吉「なに?」

兵士「もうすぐ会議の時間です」

秀吉「会議?」

兵士「信長さん亡きあとの織田家をどうするか、それを話し合う重要な会議ですよ」

秀吉「いや、おれベビーシッターで喰っていくから、いいや」

兵士「無断欠席したら怒られますよ。顔だけでも出しといたほうがいいですって」

秀吉「じゃ、ちょっと顔出して、みんなの前でベビーシッター宣言して、すぐ帰って来ようかな」

兵士「赤ちゃんも連れて行くんですか?」

秀吉「うん」

兵士「会議に赤ちゃんはマズイですよ」

秀吉「だっておれになついちゃってるんだもん」

西暦1582年6月27日。秀吉は赤ちゃんを抱いたまま清洲会議に出席した。

この赤ちゃんの存在が会議の流れを大きく左右することになる。

第31話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ