豊臣秀吉のゆるい伝記 第24話 秀吉の計算

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

反乱の首謀者は、松永久秀(まつながひさひで)という武将だった。

兵士は信長の屋敷を出て、秀吉の自宅に向かった。

兵士「秀吉さ~ん。ニュース見ました?」

秀吉「ああ、兵士くん」

兵士「信長さんの部下が反乱を起こしました」

秀吉「えっ。誰さ?」

兵士松永久秀っていう武将です」

秀吉「そんな武将、いたっけ?」

兵士「いましたよ」

秀吉「以前も登場した?」

兵士「いえ、物語的には初登場です」

秀吉「初登場でいきなり反乱かよ!」

兵士「はい」

秀吉「はりきりすぎで空気が読めないタイプだね。しかも名前が一瞬だけ松井秀喜に見える」

兵士「見えませんよ」

秀吉「ていうか、これ以上登場人物が増えたら、おれ、名前を覚えきれないかも」

兵士「じゃあ方法は一つしかないですね」

秀吉「?」

兵士「秀吉さんが反乱を鎮圧するんです」

秀吉「おれが?」

兵士「そうすれば松永さんは今回で退場になりますから、名前を覚えなくてもOKでしょ」

秀吉「おぉ♪」

ここは松永久秀の基地。

松永久秀「ねぇねぇ」

その部下「はい」

松永久秀「おれの名前って一瞬だけ松井秀喜に見えるよね。うふふ」

その部下「見えませんよ。それより勝算あるんですか?」

松永久秀「信長の主力部隊は今、みんな北陸で上杉謙信と戦ってる――」

その部下「そうですね」

松永久秀「だから京都の信長は丸裸。ぜったい勝てるよ」

その部下「でも秀吉が戻ってきてますよ」

松永久秀「あいつは毎日宴会でしょ。問題外」

その部下「ん? 外が騒々しいですね」

松永久秀「なんだろう」

その部下「うわっ、。秀吉の軍勢が攻めてきましたよ!」

松永久秀「え~!」

こうして秀吉は松永久秀の反乱を鎮圧した。

秀吉は信長に褒められた。

信長「いや~サル、すごい。やるね」

秀吉「えへへ」

信長「あれでしょ。全部計算だったんでしょ」

秀吉「計算って?」

信長「北陸戦線を離脱して帰ってきたのも、今回の反乱を予見してのことでしょ」

秀吉「え、いや……」

信長「しかも毎日宴会を開いて松永久秀を油断させるとは」

秀吉「ええ、まぁ(汗)」

信長「おれもすっかり騙されたよ」

秀吉「ま、まあ、とにかく良かったですね。あはは」

信長「これからも期待してるぞ!」

秀吉「じゃあ、切腹は?」

信長「もちろん取り消しだ」

秀吉「やったー!」

そこへ北陸戦線から柴田勝家が戻ってきた。

柴田「ただいまー」

信長「おお、柴田。上杉謙信との戦い、どうだった?」

柴田「負けちゃいました。すんません」

信長「え! で、謙信は? どした?」

柴田「戦いに勝ったからといって、我われの領土を奪うわけでもなく、さわやかに引き上げていきました」

信長「さすがは謙信。ジェントルマンだ。それにしても……」

柴田「はい」

信長「織田家の主力を率いていながら、謙信に勝てないとは、情けない」

柴田「すいません……」

信長「少しはサルを見習え」

柴田「は、はい」

これが、織田家の筆頭家老・柴田勝家と、たたき上げの秀吉が肩をならべた瞬間だった。

第25話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク