豊臣秀吉のゆるい伝記 第21話 軍神 上杉謙信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

信長は雑誌のインタビューをうけた。

記者「それにしても最近の信長さんは、すごい勢いで領土を拡大してますね」

信長「絶好調です」

記者「もう天下に怖いものナシですか?」

信長「いえ、そんなことないですよ。上杉謙信とか武田信玄は、やっぱ怖いですね」

記者「じゃあ例えば、もし上杉謙信と戦うことになったら、やばいですか?」

信長「やばいです。でも、その心配はありません」

記者「なぜ?」

信長「上杉謙信と武田信玄って、いっつも川中島でにらみ合って……」

記者「え」

信長「ぜんぜん身動き取れないじゃないですか」

記者「いや」

信長「だから、彼らがこっちに攻めてくる心配はありません」

記者「ていうか、武田信玄、死にましたよ」

信長「えっ?」

記者「死にました」

信長「うそ。いつ?」

記者「4年前です」

信長「……」

記者「だから上杉謙信は今、サクサク身動き取れます」

信長「てことは」

記者「今にも攻めてくるかも知れませんよ」

そこへ、信長の家臣・柴田勝家(しばたかついえ)が駆け込んできた。

柴田「大変です」

信長「だいたい予想できるけど」

柴田「上杉謙信が攻めてきました」

信長「やっぱり……」

柴田「どうします?」

信長「柴田、頼む」

柴田「え。私が?」

信長「上杉謙信を追い払ってくれ」

柴田「でも私ひとりじゃ歯が立ちませんよ」

信長「他の軍団もつけてやる」

柴田「誰の軍団をつけてくれるんですか?」

信長「そうだな、じゃあ……」

丹羽長秀
滝川一益
前田利家
佐々成正
斉藤新五

信長「この5人の軍団をつけてやる」

柴田「織田家のほぼ全兵力じゃないですか!」

信長「相手は上杉謙信だぞ。これでも足りないくらいだ」

柴田「そうですね」

信長「あ、サルもつけてやる」

柴田「秀吉ですか」

信長「うん。あいつの軍団も連れてけ」

柴田「これだけの兵力がそろえば、なんとかなりますね。では、行ってきます」

信長「生きて帰って来いよ~」

織田家はほぼ全ての兵力を投入して上杉謙信を迎え撃った。

しかし、勝てなかった。

それほど上杉謙信は強かった。

第22話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク