豊臣秀吉のゆるい伝記 第20話 石田三成との出会い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

西暦1574年のある日。 秀吉は兵士をつれて鷹狩りに出掛けた。

秀吉「おれさ、もっともっと気が利く人になりたいんだよね」

兵士「というと?」

秀吉「そしたら信長さんにもっともっと気に入られて、もっと出世できるしょ」

兵士「ふむ」

秀吉「だからさ、ぜんぜん気が利かない人をそばにおこうと思って」

兵士「え、なんで?」

秀吉「そのほうが、おれの気が利くぶりが引き立つしょ」

兵士「ネガティブな努力ですね」

秀吉「ぜんぜん気が利かない人、どっかにいないかなぁ~」

兵士「どうでしょうね」

秀吉「あ、そうだ。兵士くん、今から気が利かないキャラになって」

兵士「いやですよ」

秀吉「兵士くんの人生、ちょっと台無しになっちゃうけど、お願い」

兵士「自分自身の気が利くぶりをパワーアップさせることを考えたほうがいいですよ」

秀吉「て言われても……」

兵士「まず心を鍛えることです。そうすれば心の機微が読めるようになります」

秀吉「心を鍛えるって?」

兵士「例えば、お茶の風流なムードを味わえる人間になるとか」

秀吉「いいね」

兵士「ちょうどあそこにお寺があります」

秀吉「ホントだ」

兵士「あのお寺で、熱いお茶でも味わって、風流レベルをアップさせて来たらいいじゃないですか」

秀吉「暑い日に熱いお茶を喫する。これぞ風流だね」

兵士「僕、ここで待ってますから」

秀吉「いってきまーす」

秀吉は近江の真言宗の寺をおとずれた。

秀吉「すいませーん。秀吉っていう者ですけど、ちょっと休憩させてください」

寺で修行中の少年が出てきた。

少年「これはこれは。領主の秀吉さん。ささ、あがって。休んでください」

秀吉「お邪魔しまーす」

少年「今、お茶を入れますね」

秀吉「最高のをよろしくね~」

少年は台所にさがった。  台所で少年がなにを考えたかというと。

少年「今日は暑いから、秀吉さん、のどが渇いてるに違いない。よし、まずはポカリスエットなみに一気に飲み干せるように、ぬるいお茶を出そう。ふふふ、おれって気が利くなぁ」

そして……

少年「どうぞ。お茶です」

秀吉「ありがとう」

秀吉は、お茶を飲んだ。

秀吉 (心の声)なにこれ! ぬっるーっ!

少年 (心の声)驚いてる驚いてる。おれの機転に驚いてる。ふふふ。

秀吉 (心の声)熱いお茶を飲みたかったのに、なにこれ。

少年「もう一杯、いかがですか?」

秀吉「え、いや、もうけっこうです」

少年「遠慮せずに」

秀吉「いや、ホントにもう」

少年「今、入れてきますね。お待ちください」

少年は台所にさがった。

台所で少年が考えたことは……

少年「今ので秀吉さんののどは潤った、次は熱いお茶をゆっくり味わってもらおう。おれって気が利くなぁ」

そして……

少年「どうぞ。お茶です」

秀吉 (心の声)どうせぬるいんだろ。これも一気に飲み干してさっさと帰ろう。アチッ!

少年「いかがです?」

秀吉「あひっ、あひっ」

少年 (心の声)ふふふ。喜んでる喜んでる。

秀吉 (心の声)熱いお茶が欲しいときにぬるいお茶を出し、ぬるいお茶が欲しいときに熱いお茶をだすとは、なんて気が利かない少年なんだ!

少年「満足していただけましたか?」

秀吉「きみ、おれのもとで働かないか?」

少年 (心の声)やった! おれの才能が認められた!

秀吉「君みたいな人間をそばにおきたかったんだ」

少年「はい、よろこんで♪」

西暦1574年、寺の小僧だった少年は秀吉の部下になった。

少年、このとき14歳。

彼こそ、のちに徳川家康と関ヶ原で対決することになる石田三成である。

第21話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク