自宅で簡単にバターを作る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1月17日放送の『この差って何ですか?』で、自宅でカンタンにバターをつくる方法が紹介されていました。おもしろそうなので今度やってみようかな。記事にメモしておきますね。

スポンサーリンク

準備するもの

  • 生クリーム(200ml)
  • 塩(小さじ1杯)
  • 空のペットボトル(500ml)

手順

1.500mlの空のペットボトルに、200mlの生クリームを入れます。

2.ペットボトルに小さじ1杯の塩を入れます。

3.ペットボトルのキャップを閉めます。

5.ペットボトルを5分間振りつづけます。

6.これでバターの完成です。

7.ペットボトルを切って中身を取り出します。

おしまい。

みなさんの感想

番組に出演していたみなさんの試食の感想は、

西田敏行さん「バターだ!」

加藤浩次さん「あっさりしてる!」「おれ絶対こっちの方が好き。雑味がない」

指原莉乃さん「なめらか!」

などでした。

ぼくの感想

塩と生クリームを混ぜるとバターになるんですね。これはバターなのかな。それともバターもどきということなのかな。どっちにしても、おいしければいいですね。

小学生のころは毎朝トーストだったので、パンに塗る系のものは子どものころから好きです。

5分間振るのは大変そうですが、バターを食べる分のカロリー消費だと思えば、気合が入りますね。

追記

おなじく1月17日に放送していた『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』でも、偶然バターの作り方を紹介していました。こちらは市販の牛乳をひたすら振るという方法でした。牛乳を振るだけでもバターになるんですね。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする