豊臣秀吉のゆるい伝記 第18話 室町幕府滅亡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは京都。信長の部屋。

秀吉「ただいまー」

信長「おう、サル。生きて帰ったか」

秀吉「ホント死ぬかと思いましたよ」

信長「そんなこといいながら、わざと死にそうな体験をして友達に自慢するつもりのくせに」

秀吉「しませんっ」

信長「あ、怒った。おもしれー。怒った」

秀吉「怒ってません!」

信長「鼻の穴ふくらんだ。ははは。怒った怒った」

秀吉「もー。知りません!」

秀吉は怒って退室した。

不機嫌な秀吉のもとに、将軍がやってきた。

将軍「おーい、サル」

秀吉「なんですか(ご機嫌ななめ)」

将軍「おれヒマなんだけど、なんかして遊ばない?」

秀吉「遊びに付き合ってるヒマありませんっ」

将軍「なんだよ、その言い方」

秀吉「こっちは命をかけて本気で働いてるのに、みんな人の気も知らないで!」

将軍「あ、言っとくけどね……」

秀吉「なんですか?」

将軍「おれの遊びだって本気だよ」

秀吉「は?」

将軍「かくれんぼしよう。おれ、本気で隠れるから」

秀吉「いや、かくれんぼって……」

将軍「サル、おまえオニね。ほら、数えて」

秀吉「は、はい」

秀吉は数をかぞえた。

将軍「さ~て、どこに隠れようかな。そうだ、電車で思いっきり遠くまで行っちゃえ!」

将軍は京都の街を出て行った。

その夜。

信長「なに? 将軍様が戻ってこない?」

秀吉「はい。かくれんぼしてたら、いなくなっちゃって」

信長「ふーん。ま、いいじゃん」

秀吉「え、いいんすか?」

信長「おれ、あの将軍、あんまし好きじゃなかったし」

その頃、将軍(足利義昭)は……

将軍「帰り道がわからなくなった~(ToT)」

将軍は京都に戻ることができなくなった。

京都の人々の会話。

京都の人1「将軍様が京都からいなくなったらしいよ」

京都の人2「え、ホント? なんで?」

京都の人1「たぶん、追放されたんじゃない?」

京都の人2「追放?」

京都の人1「信長と将軍様って、微妙にギクシャクしてたしょ」

京都の人2「うん」

京都の人1「だから、信長が将軍様を京都から追い出しちゃったんだよ」

京都の人2「え、でもさ……」

京都の人1「?」

京都の人2「あの将軍様って室町幕府のトップだよね?」

京都の人1「うん」

京都の人2「室町幕府は今後、どうなるのかな?」

京都の人1「そりゃぁ、トップがいなくなっちゃったんだから……」

京都の人2「滅亡?」

京都の人1「滅亡」

西暦1573年、室町幕府は滅亡した。

第19話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生