豊臣秀吉のゆるい伝記 第16話 福井県を攻める

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ひきつづき、ここは京都。

秀吉はふるさと愛知の友達に電話をした。

秀吉「おれ、今かなりの出世度なんだけど」

友達「貧しい農民から一軍の将になったもんね、すごいよ」

秀吉「どこまで行けるかな」

友達「まだ出世する気?」

秀吉「今度そっち帰るとき、なまらリムジンだから」

友達「楽しみにしてる」

秀吉「もっと出世するには、どうしたらいいかなぁ」

友達「仕事ができるのはもちろんだけど、それプラス……」

秀吉「うん」

友達「上司と心通じ合うのって重要かもよ」

秀吉「えー。信長さんと?」

友達「うん」

秀吉「なんか難しそうだな~」

友達「がんばってみ」

秀吉「うん」

そして。

秀吉「信長さん」

信長「なにさ、サル。今、出陣の準備で忙しいんだから」

秀吉「僕が今なに考えてるか、当ててみてください」

信長「いや、そんなゲームしてる暇、ないから」

秀吉「いきなり難しすぎですか? じゃあ、まず僕の年齢、当てて下さい」

信長「は?」

秀吉「何歳に見えます?」

信長「そんな合コンみたいな会話、いいから」

秀吉「心、通じ合いたいんですよ~」

信長「なんだよ、いきなり」

秀吉「僕の好きな食べ物、わかります」

信長「うるさいなぁ。ラーメンだよ、ラーメン(適当)」

秀吉「まぁ、カレーですけど、どっちもアジア系ですもんね。正解」

信長「無理矢理じゃん」

秀吉「いや~、通じ合ってますね、僕たち」

信長「よし、出陣の準備、完了。大物戦国武将Aをやっつけに行くぞ!」

秀吉「は、はい」

織田信長は軍勢を率い、福井県へむかった。

その道中、信長軍に危機がおとずれた。

秀吉「あれれ? ねぇ、信長さん」

信長「なにさ」

秀吉「うしろから大軍が迫ってきますよ」

信長「大軍?」

秀吉「もしかして敵じゃないですか?」

信長「まさか。敵はおれたちのずっと前方にいるはずだよ」

秀吉「じゃあ、うしろから迫ってくるのは?」

信長「ん。よく見たらあれ、おれの義理の弟の軍隊だ」

秀吉「じゃあ、味方ですね」

信長「きっと応援に駆けつけてくれたんだよ」

秀吉「いや、でも、義理の弟さんの旗、見てください」

信長「?」

秀吉「『信長やっつける!』って書いてますけど」

信長「げっ!」

秀吉「そういうギャグ、流行ってるんですか? 義兄弟のあいだで」

信長「流行ってないよ」

秀吉「じゃあ、裏切り?」

信長「困ったな……。前方には大物戦国武将A、後方には裏切った義弟」

秀吉「挟み撃ちされちゃってますね」

信長「サル、なんとかしてよ」

秀吉「えぇ、僕っすか?」

西暦1570年4月。

信長の義弟・浅井長政が裏切った。

信長、ピンチ!

このピンチを秀吉が救う。

第17話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク