豊臣秀吉のゆるい伝記 第15話 大物と敵対

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ひきつづき、ここは京都。信長は秀吉に言った。

信長「サル、ちょっと仕事頼んでいい?」

秀吉「いいっすよ」

信長「大物戦国武将のAさんを京都に連れてきて」

秀吉「Aさん?」

信長「うん。福井県にいるから」

秀吉「でもその人、大物なんですよね?」

信長「大物」

秀吉「どのくらい大物なんですか?」

信長「室町将軍家とも親戚関係だし、とにかく上流階級!って感じ」

秀吉「やばいじゃないですか」

信長「なにが?」

秀吉「そんな人を呼びつけていいんですか?」

信長「いいの」

秀吉「こっちから会いに行ったほうが……」

信長「信長キーック!」

ドカッ!

秀吉「痛っ」

信長「信長キック。略して、信キッ」

秀吉「言いづらいですよ」

信長「きみは何にもわかってないなぁ、サル」

秀吉「え?」

信長「大物を呼びつけるからこそ、意味があるんだよ」

秀吉「どういうことです?」

信長「おれが大物を呼びつけたらさ、世間の人はこう思うしょ……」

秀吉「?」

信長「『あんな大物を呼びつける信長は、きっとさらに大物に違いない』って」

秀吉「おぉ~」

信長「世間の人がおれを偉大だと思ってくれれば……」

秀吉「はい」

信長「おれは日本史に君臨できるってわけ」

秀吉「なるほど」

信長「というわけで、頼むわ。今すぐ大物戦国武将Aさんに電話して……」

秀吉「はい」

信長「『すぐ来い』って言って」

秀吉「わかりました」

秀吉は大物戦国武将A(朝倉義景)に電話をした。

秀吉「もしもし。Aさんですか?」

大物「はい。大物のAですけど、どなた?」

秀吉「僕、織田信長の部下のものなんですが……」

大物「信長? ああ、若手ね」

秀吉「いつもお世話になってます」

大物「なんの用?」

秀吉「信長さんが呼んでましたよ」

大物「え?」

秀吉「信長さんが『すぐ来い』って言ってました」

大物「はぁぁあ?」

秀吉「いや、僕じゃないっすよ、信長さんが言ってたんすよ」

大物「なんでおれが若手に呼びつけられなきゃなんないのさ」

秀吉「ですよね(汗) 変ですよね(大汗)」

大物「はい決定。信長、マイむかつく男ナンバーワンに決定」

秀吉「怒っちゃいました?」

大物「うん。信長やっつける!」

そして。

信長と秀吉の会話。

信長「Aさん、なんて言ってた?」

秀吉「それが、その……」

信長「まさか、怒らせたんじゃないだろうね?」

秀吉「いえ、怒らせたっていうか、ナンバーワンって言ってました(汗)」

信長「え?」

秀吉「信長さんのこと、ナンバーワンって言ってました」

信長「むふふ。そっか♪ 他には?」

秀吉「えーと」

信長「もっとすごいこと言ってた?」

秀吉「は、はい。言ってましたけど……」

信長「やばい、マジてれる。なんて言ってた?」

秀吉「言っていいんですか?」

信長「いいよ。てれるけど、いいよ、教えて」

秀吉「信長やっつける」

信長 Σ( ̄∇ ̄;

西暦1570年1月、織田信長は大物戦国武将A(朝倉義景)に京都出仕を命じた。

しかし、Aはこれを拒否した。

こうして、織田信長と大物戦国武将Aの戦いがはじまる。

第16話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生