豊臣秀吉のゆるい伝記 第14話 1568年京都

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

信長と秀吉は、自称将軍をやっつける計画を練った。

秀吉「ガツンとダメージを与えてやりたいんですよね?」

信長「うん」

秀吉「じゃあ、あれっすよ、まくら投げっす」

信長「まくら投げ?」

秀吉「将軍様をまくら投げに誘って、みんなで集中攻撃するんですよ」

信長「まくら投げなんて、断られるよ」

秀吉「断れない雰囲気に持っていけばいいんです」

信長「どうやってさ」

秀吉「将軍様を修学旅行に誘うんです」

信長「は?」

秀吉「修学旅行なら、まくら投げして当然な空気でしょ」

信長「そんな計画でうまくいく?」

秀吉「まかせてください」

信長「でもさ、もう大人なのに修学旅行って、不自然だよね?」

秀吉「あっ。たしかに…」

信長「計画、浅っ!」

そこへ、風呂から上がった自称将軍(足利義昭)がやってきた。

将軍「二人でなに話してたの?」

秀吉「あ、将軍様」

将軍「ねぇ、なんの話?」

秀吉「いや、ちょっと」

将軍「いま、チラッと修学旅行って聞こえたんだけど」

秀吉「はい。まぁ」

将軍「修学旅行気分で旅に出るのも、いいよね」

秀吉 ( ̄ー ̄)ニヤリ

将軍「行きたいなぁ、旅行」

秀吉「行きますか?」

将軍「うん。行こう!」

秀吉「じゃあ、明日、出発ということで」

将軍「おっけ~。あ、そういえばジュースは冷えてる?」

秀吉「むこうに冷えてますよ」

将軍「わーい(^▽^)」

自称将軍はジュースを飲みに行った。

残った信長と秀吉は……

秀吉「やりましたね、信長さん」

信長「やったね、サル」

秀吉「これで将軍様をやっつけれますよ」

信長「うん」

翌日。

自称将軍は秀吉にたずねた。

将軍「で、旅行って、どこに行くのさ」

秀吉「まあ、どこでもいいんですけど。修学旅行といえば、京都ですかね」

信長、秀吉、自称将軍らは、仲間をつれて京都旅行に出発した。

その頃、京都では……

京都の武将1「あんね、噂なんだけどね、俺たちが追放した自称将軍、いるしょ」

京都の武将2「ああ、足利義昭ね」

京都の武将1「あいつ、今日、京都に戻ってくるらしいよ」

京都の武将2「ホント?」

京都の武将1「うん」

京都の武将2「懲りないねぇ。また追い払ってやろう」

京都の武将1「いや、それがね、織田信長と一緒に来るらしいのさ」

京都の武将2「信長!?」

京都の武将1「うん」

京都の武将2「静岡の今川を撃退して、岐阜の斉藤を滅ぼした、あの信長?」

京都の武将1「そう」

京都の武将2「やばいじゃん」

京都の武将1「信長は敵に回したくないよね」

京都の武将2「自称将軍め、強いやつを味方につけたなぁ」

京都の武将1「とにかく、今は自称将軍のご機嫌をとっとこう」

京都の武将2「それには、どうしたらいいかな?」

京都の武将1「そりゃ、彼を正式な将軍にしてあげるのが一番でしょ」

西暦1568年。

自称将軍(足利義昭)は、信長の後ろ盾で、正式に室町幕府15代将軍に就任した。

信長と秀吉は……

信長「ちょっとぉ~、サルぅ~」

秀吉「は、はい」

信長「将軍様をやっつけるどころかさぁ、おれ、うまく利用されちゃったしょ~!」

秀吉「す、すいません……」

信長「もー、将軍様むかつくー」

秀吉「むかつきますね、はい」

信長「むかついたから、おれ、将軍様よりも偉い人になってやる」

秀吉「えっ」

信長「今から、日本の歴史はおれが牛耳る」

秀吉「おぉ~」

信長「サルにもバンバン働いてもらうよ」

このときから日本史は信長を中心に回り始める。

同時に、秀吉は信長の出す無理難題に悩まされることになる。

第15話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク