豊臣秀吉のゆるい伝記 第12話 稲葉山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

秀吉は信長に叱られた。

信長「マジで宣戦布告したの!?」

秀吉「は、はい。まずかったっすか?」

信長「まずいに決まってるしょや」

秀吉「そういうの、知らんくて」

信長「なしておれにちゃんと聞かんのさ~」

秀吉「すいません」

信長「せっかく斉藤さんといい関係保ってたのに。あ~ぁ」

秀吉「ごめんなさい」

信長「織田家が滅びたらサルのせいだからね(ぷんぷん)」

秀吉「宣戦布告、取り消してきます」

信長「今さら遅いよ。もうとことん戦うしかないね」

西暦1567年。

信長は軍勢を率い、斉藤氏の城(稲葉山城)を攻撃した。

その戦闘中、秀吉は……

兵士「大将」

秀吉「……」

兵士「大将」

秀吉「ん。ああ」

兵士「なにボーッとしてるんですか?」

秀吉「いや、ちょっとね」

兵士「もう戦闘、始まってますよ」

秀吉「うん」

兵士「どうかしたんですか?」

秀吉「ちょっとへこんでるんだよね」

兵士「どうして?」

秀吉「信長さんに怒られちゃったな~と思って」

兵士「過ぎたことは仕方ないですよ」

秀吉「まあね」

兵士「気分を切り替えて、さ、戦いましょう」

秀吉「う、うん」

ここは稲葉山城を攻撃する信長の本陣。

信長「やべぇ。柴田、やべぇ」

柴田「はい」

信長「稲葉山城、ぜんぜん落ちない」

柴田「てごわいですね」

信長「1回、退く?」

柴田「退いたら再起は不可能ですよ」

信長「そうか……」

柴田「ここで勝たなきゃ未来はありません」

信長「どうやったら勝てる?」

柴田「敵を混乱させることができればいいんですが」

信長「その方法は?」

柴田「思いつきません……」

そのころ。

信長の指揮下で稲葉山城を攻撃中の秀吉は……

秀吉「ダメだ」

兵士「なにがですか?」

秀吉「気分が切り替えられない!」

兵士「まだ気にしてるんですか? 叱られたこと」

秀吉「やっぱり斉藤さんに謝ってこよう」

兵士「今さらなんて謝るんですか」

秀吉「『あの宣戦布告はナシです。ごめんね』って」

兵士「もう遅いですよ」

秀吉「つきあって」

兵士「え?」

秀吉「謝りに行くの、つきあって」

兵士「なんで僕が」

秀吉「いいしょ。お願い。ね」

兵士「しょうがないですね。じゃ、行きますか」

秀吉「あ、待って。そっちじゃない」

兵士「え、稲葉山城はこっちですよ」

秀吉「でも、そっちは正門でしょ」

兵士「はい」

秀吉「恥ずかしいから、裏門から行こう」

ここは斉藤氏の稲葉山城。

裏門。

斉藤一族1「裏門の警備ってさ、おれら二人だけ?」

斉藤一族2「うん」

斉藤一族1「なまら手薄じゃない?」

斉藤一族2「この裏門は山道からしか来られないから、敵は攻めてこないよ」

斉藤一族1「とかいって、攻めてきたらウケるよね」

斉藤一族2「あ、誰か来た」

斉藤一族1「げっ。織田家の大将だ!」

斉藤一族2「攻めてきた~!」

秀吉「いや、ちょっと……」

西暦1567年9月。

秀吉はわずか7人の仲間を連れて稲葉山城の裏門に姿をあらわした。

これにより斉藤氏は混乱し、稲葉山城は陥落した。

ここは信長の屋敷。

信長「サル、なかなかやるんでしょ」

秀吉「えへへ」

信長「おかげで岐阜県がおれのものになったよ」

秀吉「おめでとうございます」

と、そのとき、

ピンポーン

玄関のチャイムが鳴った。

信長「ん。誰だろう?」

秀吉「誰でしょうねぇ」

西暦1568年のこの訪問者が、信長と秀吉の人生を大きく狂わせる。

第13話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生