豊臣秀吉のゆるい伝記 第9話 桶狭間の戦い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

秀吉はまちがって今川義元の陣営に迷い込んでしまった。

しかし、本人はそうとは気づいていない。

秀吉と今川義元の会話のつづき……

秀吉「モノマネうまいね~。おれ的にかなりヒットです」

今川「モノマネじゃないし……」

秀吉「誰が見てもだまされるよ。本物の今川義元だと思っちゃうもん」

今川「そりゃそうだよ、だって……」

秀吉「信長さんも、だまされるかな?」

今川「え?」

秀吉「試してみよう」

今川「ちょっと、どこに電話するの?」

秀吉は信長のケータイに電話をした。

秀吉「もしもし。秀吉です」

信長「あ、サル。この忙しいときに何やってるのさ」

秀吉「面白いもの見せてあげますよ」

信長「面白いもの?」

秀吉「今、僕のとなりに今川義元がいるんですよ」

信長「はぁ?」

秀吉「今川義元」

信長「ほんとっ?」

秀吉「はい」

信長「今、どこ?」

秀吉「場所は……」

秀吉は現在位置を説明し、電話を切った。

秀吉「ふふふ。信長さん、来るって」

今川「来るの!?」

秀吉「どこまでだませるかな。今川義元で通してね」

今川「当たり前でしょ。だっておれ本物だもん」

秀吉「そうそう、その調子」

今川「あ、むこうから軍勢が!」

秀吉「信長さんだ♪」

西暦1560年5月19日。

織田信長は今川義元の本陣の位置をつかみ、  そこに戦力を集中的に投入して勝利した。(桶狭間の戦い)

全国の戦国武将のリアクションは……

戦国武将1「今川義元がやられた!」

戦国武将2「うそぉ? 今川義元って強くなかった?」

戦国武将1「強かった」

戦国武将2「誰にやられたの?」

戦国武将1「織田信長っていう人」

戦国武将2「聞いたことないね。どこの人さ?」

戦国武将1「愛知県」

戦国武将2「何歳?」

戦国武将1「若いよ。25、6歳」

戦国武将2「えっ。そんな若いのに名門の今川義元をやっつけちゃったの?」

戦国武将1「そう」

戦国武将2「生意気だね」

戦国武将1「うん。いきがってるね」

こうして織田信長の名が歴史に登場した。

ここは愛知県。

織田信長の屋敷。

信長「おれ、デビューしたね~」

柴田「しましたね」

信長「鮮烈に歴史にデビューしたね~」

柴田「でも、ひとつ困ったことが……」

信長「?」

柴田「全国の戦国武将が『信長、いきがってる』説を唱えています」

信長「まぁいいじゃん。言わしとけば」

柴田「でもこのままだと袋叩きにあいますよ」

信長「じゃあ、どうすりゃいいのさ?」

柴田「優秀な人材を募集して、戦力を固めるべきです」

信長「優秀な人材がおれみたいな一発屋んとこに来てくれるかな……」

柴田「大丈夫です」

信長「というと?」

柴田「サルを利用するんですよ」

信長「あいつ、優秀な人材なの?」

柴田「いえ、サルはぜんぜん優秀じゃないですが……」

信長「うん」

柴田「あいつを都合よく利用させてもらいます。ふふふ」

信長「出たね、悪者の笑い方」

柴田「はい。織田家のためです。ふふふふ」

秀吉は織田家の陰謀に巻き込まれてゆく。

第10話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク