豊臣秀吉のゆるい伝記 第7話 足軽組頭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秀吉は、壊れた城壁の修復を指揮することになった。

真夜中。

壊れている城壁のそばで…

秀吉と友達は、職人たちが来るのを待っていた。

秀吉「みんな来てくれるかな」

友達「来てくれないかもね」

秀吉「え、マジでそう思う?」

友達「だって、こんな夜中にいきなり呼び出されて怒ってるかもよ」

秀吉「やばいなぁ……」

友達「職人の中には、協調性がなくてプライドが高い人もいそうだからね」

秀吉「あ、誰か来る」

友達「おお~。職人たちだ」

10人の職人(A~J)が集まった。

秀吉「いや~、みんな、夜中にごめんね」

職人A「なんの用さ」

秀吉「ちょっと仕事をお願いしたくて」

職人A「こんな夜中に!?」

秀吉「うん。この壊れた城壁を直して欲しいんだよね」

職人A「ていうか、君、だれ?」

秀吉「あ、おれね、普請奉行の秀吉です。よろしく」

職人A「てことは、この現場のリーダー?」

秀吉「うん」

職人A「土木とか建築の経験、あるの?」

秀吉「いや、ないけど……」

職人A「ダメじゃん。リーダー失格」

秀吉「えっ」

職人A「おれがリーダーになる」

そこへ、他の職人たちが口をはさんだ。

職人B「おい、ちょっと待て、おれがリーダーだ」

職人C「いや、経験豊富なおれがリーダーだ」

職人D「才能ピッカピカのおれがリーダーに決まってるしょ」

職人E「じゃあ、誰がリーダーにふさわしいか勝負だ」

職人F「望むところだ!」

職人G「一番スピーディに城壁を直した者が勝ちってのは、どう?」

職人H「いいよ。負ける気がしねぇ」

職人I「おれだって」

職人J「さっそく勝負開始だ!」

10人の職人はプライドをかけて徹夜で仕事に打ち込んだ。

おかげで翌朝には城壁が完成した。

秀吉は信長に呼び出された。

信長「サル」

秀吉「はい」

信長「城壁、一晩で直したんだって?」

秀吉「はい。完璧です」

信長「職人の協調性のなさとプライドの高さをうまく利用したね」

秀吉「ええ、まぁ」

信長「サルは人を動かす天才かもね」

秀吉「いや~、それほどでも(笑)」

人使いのうまさを認められた秀吉は足軽組頭に出世した。

その夜。

居酒屋。

秀吉と友達の酒宴。

秀吉「思いっきり信長さんに褒められちゃった」

友達「なんて?」

秀吉「人をまとめる力があるって」

友達「ぜんぜんまとめてなかったけどね」

秀吉「そんなことないよ」

友達「職人が口論はじめたとき、なまらオロオロしてたしょ」

秀吉「オロオロしたと見せかけて、じつは堂々としてたの」

友達「無駄な『じつは』だね」

秀吉「君も武士コースに転向しな。出世できるよ」

友達「おれは農民でいいよ」

秀吉「うー、なんかちょっと眠い」

友達「ゆうべ、徹夜だったしね」

秀吉「あ、信長さんからメールだ」

友達「呼び出し?」

秀吉「『緊急事態、大至急集合!』だって……」

西暦1560年、今川義元の大軍が織田信長の領内に侵攻してきた。

戦国の歴史を変えた「桶狭間の戦い」がはじまる。

第8話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク