静電気のバチッをおさえる柔軟剤スプレーの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

この時期、ドアノブをつかんだときなど、静電気のバチバチが来ることがありますよね。

『これ考えた人、天才じゃね!?』という番組で、服の静電気を起こさないための手作りスプレーを紹介していました。

用意するものは…

  • スプレーボトル
  • 柔軟剤小さじ1杯
  • 水100cc

です。

スポンサーリンク

手順

1.柔軟剤と水をよく混ぜます。(番組では料理番組などで使う透明のボールに入れていました)

2.混ぜた液体をスプレーボトルに入れます。

3.スプレーボトルを腕の長さ分くらい離して、服(ニットなど)に3回ほど吹きかけます。

はい、完了です。

本当に静電気が起きないのか実験

番組の実験では、本当に静電気が抑えられるのか実験していました。

アンジャッシュの児島さんがニットのカーディガンを着て、その右半分にスプレーをかけました。左半分には、なにもしません。

児島さんは、左右の胸にそれぞれ風船を擦り付けました。

児島さんが手を放すと、右側(スプレーをかけたほう)の風船は床に落ちました。

左側(スプレーをかけていないほう)の風船は、静電気によって服にくっつきました。

スプレーをかけたほうが、静電気が抑えられたんですね。

静電気が抑えられた理由

  1. 柔軟剤はもともと電気を流す性質がある
  2. 柔軟剤を服にかけることで滑りが良くなって摩擦が減るので、静電気の発生が少なくなった

…という理由だそうです。

この柔軟剤スプレーを使えば、ニットなどの静電気も抑えられて、ドアノブの恐怖から解放されそうです。

壁を触るだけでも静電気が消える

この番組を見て思い出したのが、壁を触るという方法です。

以前、何かで聞いたことがあります。

ドアノブを触ってバチッとくるのを防ぐのに、壁を触るのが有効なんだそうです。

ドアノブに触れる前に、そのへんの壁にピタッと手をつけるんです。

すると、壁に静電気が逃げて、ドアノブを触ったときのバチッがなくなるといいます。

柔軟剤スプレーと壁タッチの合わせワザなら、怖いものなしですね。

めでたし、めでたし。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする