豊臣秀吉のゆるい伝記 第5話 草履取り頭

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

居酒屋。

秀吉と友達はカウンターに並んで座っている。

秀吉「おれね、すごい悩んでるさ」

友達「またいじめられてるの?」

秀吉「いや、気に入られて出世したんだけどさ」

友達「もう出世したの?」

秀吉「草履取り頭になったの」

友達「すごいじゃん」

秀吉「でもあの信長っていう人、大丈夫かなと思って」

友達「なんで?」

秀吉「なんか言動がいかれてるんだよね」

友達「ウツケだからね」

秀吉「今って戦国時代でさ、優秀なボスにつかないと身を滅ぼすしょ」

友達「うん」

秀吉「おれ、思いっきり身ぃ滅ぼしそうな気ぃする」

友達「あ、そういえばね……」

秀吉「うん」

友達「今川義元がここに攻めて来るらしいよ、もうすぐ」

秀吉「マジ!?」

友達「マジ」

秀吉「じゃ、織田信長vs今川義元の戦いになるね」

友達「うん」

秀吉「どっちが勝つと思う?」

友達「そりゃ今川義元でしょ。だって信長、ウツケだもん」

秀吉「信長さんが負けるってことはさ、」

友達「うん」

秀吉「その部下のおれも破滅するってことだよね?」

友達「そうだね」

秀吉「というわけで、おれ、信長さんの部下やめるわ」

友達「はやっ!」

秀吉「明日さっそく信長さんに言うね、辞めますって」

友達「言うタイミング、ある?」

秀吉「わかんない。信長さん、いっつも忙しいからね」

友達「ピッタリくっついて回ってさ、チャンスがあったらサッと言ったほうがいいよ」

秀吉「そうする」

翌日。

秀吉は信長にくっついて回ったが、なかなかタイミングをつかめずにいた。

秀吉「あ、あのー、信長さん」

信長「ん?」

秀吉「ちょっといいですか? お話が……」

信長「おれも話があるんだけど」

秀吉「なんですか?」

信長「切腹して」

秀吉「え」

信長「今すぐ切腹して」

秀吉「なんで!?」

信長「君さぁ、今川のスパイでしょ?」

秀吉「違いますよっ」

信長「だってうちで働く前は今川んとこにいたんでしょ?」

秀吉「いましたけど」

信長「ほら、スパイじゃん」

秀吉「ぜんぜん違いますって」

信長「しかもさ、おれのこと暗殺しようとしてない?」

秀吉「してませんよ」

信長「だって行動があやしいもん」

秀吉「行動って?」

信長「朝からずーっとおれの後つけてるしょ」

秀吉「それは」

信長「チャンスがあればおれを暗殺しようと思ってたんでしょ?」

秀吉「違います、じつは……」

信長「言い訳は却下。切腹!」

秀吉は切腹を言い渡された。

第6話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク