豊臣秀吉のゆるい伝記 第4話 草履取り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

松下家をクビになった秀吉は、故郷の愛知県にもどり、友達と再会した。

秀吉「やぁ。帰ってきちゃった」

友達「あれ? なした? 静岡県で武士になるんじゃなかったの?」

秀吉「クビんなった」

友達「なんで?」

秀吉「壮大な陰謀に巻き込まれてね」

友達「ていうか、いじめられたんでしょ」

秀吉「うん」

友達「いきなり見知らぬ土地ではりきるからだよ」

秀吉「やっぱ地元で就職しないとダメかなぁ」

友達「じゃ、織田信長んとこ行ってみれば? バイト募集してたよ」

秀吉「えー、でもルーキーなんでしょ、その人」

友達「うん。まだ21歳」

秀吉「すげぇ弱そうなんですけど」

友達「いや、年齢で判断しないほういいって」

秀吉「そっか。今は実力主義の時代だもんね」

友達「うん。中身で判断しないと」

秀吉「信長って、中身いいの?」

友達「悪い」

秀吉「ダメじゃん!」

友達「みんなからウツケって呼ばれてるらしいよ」

秀吉「ウツケ?」

若き日の信長は奇行が目立ち、周囲からウツケ(愚か者、アホ)と呼ばれていた。

秀吉「でもそういうのってなんか、大物っぽくない?」

友達「そう?」

秀吉「信長ってさ、じつはすごい大物かもよ」

友達「じゃ、彼のもとでバイトしてみる?」

秀吉「うん。仕事の内容、どんなのさ?」

友達「草履取り」

秀吉「草履取り? なにそれ」

友達「信長ってね、すぐ自分の靴どれかわからんくなるんだよね」

秀吉「えっ。やばいしょ」

友達「そういうときに『靴、これですよ』って取ってあげる係」

秀吉「信長、大丈夫?」

友達「だからウツケなんだって」

秀吉「ぜんぜん大物じゃないかもね……」

西暦1554年。

秀吉(18歳)は織田信長(21歳)の草履取りになった。

冬のある日。

秀吉は信長のお供をして外出した。

すると突然…

信長「キーック!」

秀吉「うぎゃ!」

秀吉は背中を蹴られた。

信長「どう? おれのキック」

秀吉「いや、どうって……」

信長「おれが開発したサンダルキック」

秀吉「は、はい」

信長「サンダル履いてキックしただけじゃん!って、どう? この一人つっこみ」

秀吉「……はぁ」

信長「真冬なのにサンダルなおれって、最高だよね」

秀吉「さ、最高っす」

信長「じゃ、おれ、この家に寄って行くからさ、外で待ってて」

秀吉「はい」

信長「ちゃんとサンダル見張っててね」

秀吉「わかりました」

信長「寒いからって、サンダルの上に座ったらダメだよ」

信長は知人の家の中に入っていった。

外に残された秀吉は……

秀吉「なんかムカツクなぁ。よし、サンダルに座ってやれ!」

1時間後。

信長が戻ってきた。

信長「おれのスーパーサンダル、見張っててくれた?」

秀吉「は、はい」

信長はサンダルを履いた。

信長「む?」

秀吉「ど、どうしました?」

信長「あったかい」

秀吉 ギクッ!

信長「このサンダル、あったかいんだけど」

秀吉「いや、じつは、その……」

信長「座ってたしょ? おもっきし」

秀吉「す、座ってませんよ」

信長「だってあったかいよ。ホントは座ったんでしょ? はい、切腹」

秀吉「げっ! ほ、ほんと座ってませんって」

信長「じゃ、なんであったかいのさ」

秀吉「真冬だから、信長さん、足冷たいかな~と思って温めておいたんです。僕の服の中に入れて」

信長「証拠は?」

秀吉「ほら、背中、見てください」

信長「あ、サンダルのあとがくっきり!」

秀吉「ね、背中に入れて温めてたんですよ」

信長「えらい! 感動した!」

秀吉「キックの跡だけどね(ぼそっ)」

信長「え? なに?」

秀吉「いや、なんでもないです」

信長「ていうか、疑ってごめんね。おわびに出世させてあげる」

秀吉はこうして草履取り頭に出世した。

ここから彼の立身出世物語がはじまる。

第5話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク