豊臣秀吉のゆるい伝記 第3話 失職

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秀吉は松下家でバイトをはじめた。  しかし、職場の先輩たちの風当たりは強かった。

先輩たちの会話。

先輩1「ねぇ、秀吉ってどう思う?」

先輩2「あの、新しく入った人?」

先輩1「うん」

先輩2「べつになんとも思わないけど」

先輩1「でもあいつ、愛知県出身なんだよ」

先輩2「えっ。そうなの? 愛知県出身なのにここ(静岡)で働いてるの?」

先輩1「うん」

先輩2「よそ者でしょ」

先輩1「しかもね、あいつ、農民ださ」

先輩2「農民!?」

先輩1「うん。実家が農民なのに武家でバイトしてるんだよ」

先輩2「やる気マンマンで生意気だね」

先輩1「でしょ。いじめるか?」

先輩2「いいけど、どうやる?」

先輩1「まず、おれたち2人でヘンなことをいっぱいしてさ…」

先輩2「うん」

先輩1「それを全部、秀吉のせいにするってのは、どお?」

先輩2「いいね~。で、何する?」

先輩1「おれ、みんなの下駄箱の靴、ぜんぶ左右逆にしとく」

先輩2「うわ、イライラするね」

先輩1「でしょ」

先輩2「おれは、みんなのパソコンの壁紙、Mr.マリックにしとく」

先輩1「さっそく実行しよう」

先輩2「おーっ!」

秀吉はすべての罪を着せられた。

数日後。

秀吉は松下加兵衛に呼び出された。

松下「ほんとマジでさ、頼むわ」

秀吉「どうしたんですか?」

松下「また、とぼけちゃって」

秀吉「は?」

松下「そういう協調性のない人、困るんだよね。クビ」

秀吉「え?」

松下「クビ」

秀吉「ちょっと、そんな」

松下「さっさと出て行け~!」

西暦1554年。秀吉は松下家をクビになった。

しかし秀吉は松下加兵衛を恨まなかった。

それどころか、貧しい時代に一時的にも雇ってくれた恩を忘れなかった。

後年、天下の覇権を握った秀吉は、松下加兵衛を大名に取り立てている。

第4話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク