豊臣秀吉のゆるい伝記 第2話 今川家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

秀吉は武士になろうと決めた。

問題は、農民の子供がどうやって武士になるか。

友達「どうするつもり?」

秀吉「手っ取り早く、どっかの戦国武将に弟子入りしようかと思って」

友達「誰に弟子入りするの?」

秀吉「誰がいいかなぁ」

友達「ここは愛知県だから、愛知県の武将に弟子入りすれば?」

秀吉「やっぱ地元かな」

友達「うん」

秀吉「愛知県の武将って、誰だっけ?」

友達「織田信長」

秀吉「織田信長?」

友達「うん」

秀吉「その人さ、ルーキーだよね」

友達「今年(1551年)戦国大名になったばっかり」

秀吉「ほやほやでしょー。頼りなくない?」

友達「じゃ、誰に弟子入りする?」

秀吉「もっと百戦錬磨の人がいいな」

友達「岐阜県の斉藤さんは?」

秀吉「え。どんな人?」

友達「斉藤道三。マムシの異名を持つギラギラした人」

秀吉「なんか怖そうだね。もうちょっと優しい感じの人いないの?」

友達「じゃあ、静岡県の今川さんは?」

秀吉「どんな人?」

友達「今川義元。すごく品がいい戦国大名」

秀吉「いいね。で、強いの?」

友達「すげぇ強いって評判」

当時、今川義元は家柄、実力ともに戦国大名の中で群を抜いていた。

その彼が9年後、無名の武将・織田信長によって討ち取られることになるとは、今の秀吉に予見できるはずもなく……

秀吉「よし! おれ、今川義元の弟子になる」

西暦1551年、秀吉は静岡県へと旅立った。

そして。

秀吉と今川義元の会話。

今川「いやホントね、急にそうやって来られても困るのさ」

秀吉「すいません」

今川「うち、弟子とかとってないんで」

秀吉「なんとかお願いしますよぉ」

今川「あ、じゃあ、ちょっと待ってて」

今川義元は部下に電話をかけた。

今川「もしもし松下? おれおれ、義元。元気?」

松下「元気ですよ」

今川「あのさ、今おれんとこに変な人来てるんだけどさ」

松下「変な人?」

今川「初対面なのに急に弟子にしてくれって言うんだよね」

松下「やばいヤツですね」

今川「やばいよね。ヤバ系だよね。で、おれそんなの弟子にするのいやだからさ、」

松下「はい」

今川「松下が弟子にしてあげて」

松下「えっ。僕が!?」

今川「うん。頼む」

松下「断わればいいじゃないですか~」

今川「おれ、押しが弱いから、なんか断わり切れんくて」

松下「僕もそんな謎の人を弟子にするのいやですよ」

今川「これ主君としての命令だから。じゃ、よろしく~」

というわけで。

今川「おれの家来にね、松下ってやついるんだけど」

秀吉「はい」

今川「彼が雇ってくれるって」

秀吉「ホントですか!」

今川「最初はバイトからだと思うけど」

秀吉「がんばって正社員になります。ありがとうございます!」

こうして秀吉は今川義元の家来・松下加兵衛のもとで働くことになった。

このとき秀吉15歳。天下統一はまだ遠い。

第3話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク