豊臣秀吉のゆるい伝記 第1話 農民

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

戦国時代の日本。

愛知県に貧しい農民の子がいた。名前は秀吉。

彼が秀吉と名乗るのは本当はずっと後のことだが、

呼び名がコロコロ変わるとややこしいので、もう秀吉。

秀吉「ねぇ。友達くん。おっきくなったら、何になりたい?」

友達「何っていうか、おれら、農民でしょ」

秀吉「そうだけどさ」

友達「農民の子は農民にしかなれないんだよ」

秀吉「でもおれ、体ちっちゃいしょ」

友達「小柄だね」

秀吉「だから力仕事、向いてないんだよね」

友達「で?」

秀吉「で、農民ちょっとキツイなぁと思って」

友達「じゃ、何になるんさ?」

秀吉「今狙ってるのがね、教祖」

友達「教祖?」

秀吉「自分で宗教つくっちゃうの。どお? いくない?」

友達「そんなんで喰っていける?」

秀吉「適当に信者集めて、あることないこといってれば金入ってくるしょ。楽勝」

友達「いつかワイドショーで叩かれるね」

秀吉「でも、いきなりオリジナルの宗教ひらくのは無理があるから、まずはどっかのお寺に入門して、それから頃合を見て独立開業しようと思ってるの」

友達「きみがお寺に入ったら、しばらく会えなくなるね」

秀吉「5年、いや10年は会えないかも。元気でね」

友達「寂しくなるけど、頑張って」

秀吉は8歳のとき、光明寺に入り僧侶を目指した。

しかし、ほどなくして……

秀吉「やぁ」

友達「あれ? お寺に入ったんじゃなかったの?」

秀吉「ん。そんなの脱走してきた」

友達「なんで!?」

秀吉「だって、足しびれるんだもん」

友達「それで挫折したの?」

秀吉「うん」

秀吉は長続きせず、すぐに寺を飛び出した。

友達「これからどうするの?」

秀吉「やっぱねぇ、これからの時代はビジネスだよ」

友達「ビジネス?」

秀吉「おれ、世界をまたにかけるビッグビジネスで大富豪になる!」

友達「でもいきなりビッグビジネスは無理でしょ」

秀吉「まずは下積み」

友達「下積みって?」

秀吉「金銭感覚を磨くために行商の旅に出る」

友達「なに売るの?」

秀吉「針。針は今、貴重品だから高く売れるよ」

友達「きみが旅に出たら、しばらく会えなくなるね」

秀吉「5年、いや10年は会えないかも。元気でね」

友達「寂しくなるけど、頑張って」

秀吉は15歳のとき、たったひとりで針売りの旅に出た。

しかし、ほどなくして……

秀吉「やぁ」

友達「あれ? 旅に出たんじゃなかったの?」

秀吉「ん。そんなのギブアップ」

友達「なんで!?」

秀吉「だってお金の計算、難しいんだもん」

友達「それで挫折したの?」

秀吉「うん」

友達「これからどうするの?」

秀吉「やっぱねぇ、これからの時代は武士だよ」

友達「武士? 武士を目指すの?」

秀吉「うん」

友達「農民の子供が武士になるなんて、無理だよ」

秀吉「なんとかなるって」

友達「ならんよ」

秀吉「だって武士ってさ、楽な職業だよ」

友達「なんで?」

秀吉「そちもワルよのぉ、って言ってれば、大金ガポガポでしょ」

友達「そうかなぁ」

秀吉「決めた。おれ、武士になる!」

西暦1551年。秀吉は武士になることを決めた。

第2話へ

豊臣秀吉のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク