真田幸村のゆるい伝記 第27話 日本一の兵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは徳川家康の陣。

家康「こっちは大軍。幸村軍は少数」

部下「普通に考えれば、こっちの勝ちですね」

家康「でも、まともにぶつかってくるとは思えん」

部下「はい」

家康「なにか変化球をかましてくるはずだ」

部下「間違いありませんね」

一方。

ここは真田幸村の陣。

友人「家康の裏をかくって?」

幸村「そう」

友人「どうするのさ」

幸村「あの人は変化球が好きな人だから…」

友人「うん」

幸村「直球で勝負する」

友人「って、つまり?」

幸村「正面から攻めるのさ」

友人「なるほど」

幸村「全軍、突撃!」

幸村は家康の本陣へまっすぐ攻めかかった。

その家康の陣では…

部下「来ます! 幸村です!」

家康「どの方向からだ」

部下「正面です」

家康「正面!?」

部下「はい」

家康「そんな常識はずれな戦い方があるか」

部下「まさか正面から来るとは…」

家康「うわぁ。すぐそこまで迫ってるじゃないか!」

部下「応戦はどのように」

家康「に、逃げよう…」

部下「は?」

家康「逃げよう、早く!」

部下「あ、待ってください!」

家康は一目散に逃げ出した。

家康の大軍は、幸村の率いるわずかな兵によって総崩れとなった。

戦場のようすを見ていたサル2世は…。

サル2世「すごい!」

慎重派「おぉ、家康が必死で逃げている」

サル2世「幸村さん、すごいよ!」

慎重派「天下の家康が手も足も出ないとは」

サル2世「あの人こそ、日本一だ」

薩摩の記録では、

「真田幸村は日本一のつわもの。昔からの物語にも、このような例はない」

と最大の賛辞を送っている。

家康「ひ~! 助けて~」

幸村「家康さん、覚悟!」

そのとき。

徳川軍の武将1「やや。家康さんがピンチだ」

徳川軍の武将2「助けないと」

徳川軍の武将1「人数はこっちのほうが多いんだ、押し返そう」

徳川軍の武将2「おう!」

藤堂高虎など、徳川軍の勇敢な武将たちが反撃を開始した。

幸村「くそっ! あと一歩なのに」

友人「押されてる。まずいな」

幸村「兵士くんたちは?」

友人「乱戦ではぐれたらしい」

幸村「無事だといいけど。うっ!」

友人「幸村!?」

矢が、幸村の肩をつらぬいた。

最終話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク