真田幸村のゆるい伝記 第26話 最後の戦い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

雨は降った。

サル2世「ごめん」

幸村「いや」

サル2世「降ったね」

幸村「うん」

サル2世「もう、無理かな」

幸村「そんなことないよ」

サル2世「まだ勝機はある?」

幸村「家康の裏をかけば、もしかしたら」

サル2世「裏?」

幸村「出陣の許可をもらえますか?」

サル2世「うん。今度は誰がなんと言おうと」

幸村「サル2世さん」

サル2世「はい」

幸村「ここでお別れしておこうか」

サル2世「?」

幸村「あとで心残りにならないように、ちゃんとお別れしておきたいんだ」

サル2世「え…」

幸村「さようなら」

幸村はサル2世の手をかたく握った。

幸村は軍団をあつめて話をした。

幸村「えーと、ぶっちゃけトークをします」

兵士「はーい」

幸村「今度の戦い、勝てるかどうか微妙です」

兵士「はーい」

幸村「だから、やばいと思う人は去っていいから」

兵士「そんな今さら~♪」

幸村「でもね、今度の戦場はおれたちにとって、あの世への入口になるかもよ」

友人「あの世への入口か…」

幸村「うん」

友人「まるで三途の川だね」

幸村「そう、三途の川」

友人「渡し舟の料金は6文だよね」

幸村「え? うん。そうだけど」

友人「でね、この旗なんかどうかな」

友人は旗印をかかげた。

そこには六文銭が描かれていた。(真田の六文銭)

幸村「これは…?」

友人「きのう、兵士くんたちと作ったんだ」

幸村「六文銭の旗印」

友人「覚悟はできてるってことで」

幸村「……そうか」

友人「だから、行こう」

幸村「ああ」

1615年5月7日。大坂方と徳川軍の決戦が始まった。

ここは家康の陣。

部下「幸村の部隊が姿をあらわしました!」

家康「来たか」

部下「こ、これは…」

家康「どうした?」

部下「全員、赤い軍装に身を包んでいます」

家康「赤」

部下「はい。まるで一面につつじの花が咲くようです」

『武徳編年集成』によれば「真田の赤い軍団は、つつじの花が咲くような堂々たる陣を張った」とある。

この日、三途の川に赤い花が咲いた。

第27話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク