真田幸村のゆるい伝記 第24話 赤いヨロイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは真田幸村が幽閉されている九度山。

幸村「友人くん、お祝いしよう!」

友人「なに。いきなり」

幸村「おれ大発見しちゃった」

友人「大発見?」

幸村「おれね、もっと強くなりたくて、いろいろ研究したんだよね」

友人「あー、兵法とか?」

幸村「いや、ガンダム」

友人 (゚∀゚)?

幸村「ガンダムで強い人といえば、シャアでしょ」

友人「あ、ああ(汗)」

幸村「きのうガンダムのDVD見まくってさ」

友人「……」

幸村「シャアはなぜ強いのか、考えたんさ」

友人「そ、それで?」

幸村「で、次に三国志を研究したんだよね」

友人「あ、ちょっと、ぽいね」

幸村「三国志で強いといえば曹操でしょ」

友人「まあ、うん」

幸村「曹操はなぜ強いのか、また考えたんさ」

友人「そ、それで?」

幸村「やっぱ色だね」

友人「色?」

幸村「シャアって赤いしょ」

友人「うん」

幸村「曹操のヨロイも赤いしょ」

友人「うん」

幸村「ほらね」

友人「ほらねって…(汗)」

幸村「どう、この大発見」

友人「そんな得意げな顔されても;」

幸村「だからおれも、ヨロイ赤にするわ」

友人「そ、そう」

幸村「軍団全員、赤!みたいな」

友人「(´∇`;)何がしたいのさ?」

幸村「強くなりたい」

友人「強くって…」

幸村「強くなって、サル2世さんを助けたい」

友人「え」

幸村「家康に因縁つけられてるんでしょ?」

友人「らしいね」

幸村「もうすぐ戦争なんでしょ?」

友人「でも、助けるって言っても、おれたち見張られてるし、身動きとれないよ」

そこへ見張りの兵士があらわれた。

兵士「大発見おめでとうございます」

幸村「お、兵士くん」

兵士「ココアを用意しました。お祝いの乾杯をしましょう」

幸村「いいね♪」

兵士「かんぱーい!」

幸村「かんぱーい!」

友人「か、かんぱい」

ほどなく…

兵士「あー、ココアを飲んだら眠くなってきたー」

幸村「大丈夫?」

兵士「眠いなー。すごく眠いー」

幸村「なんで棒読みなの?」

兵士「寝てるすきに幸村さんたちに逃げられたら、どーしよー」

幸村「……」

兵士「でも眠いからしょうがないやー。寝ちゃえー」

幸村「……兵士くん」

兵士「ぐーぐー。寝てます。ぐーぐー」

幸村「ありがとう」

友人「幸村」

幸村「ああ、出陣だ」

幸村は戦備をととのえ、馬にまたがった。

幸村「兵士くん」

兵士「ぐーぐー。ぐーぐー」

幸村「ちょっとさ、眠ったまま聞いて」

兵士「……」

幸村「おれたちを逃がしたら、兵士くんってあとでガッツリ怒られちゃうよね」

兵士「……」

幸村「きっと切腹とか」

兵士「……」

幸村「ねぇ、覚えてる? いつかさ、きみに似合う服は何色だろうって話したの」

兵士「……」

幸村「赤だよ」

兵士「……」

幸村「一緒に赤いヨロイを着よう」

1614年10月。幸村は友人や兵士とともに九度山を脱出した。

第25話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク