真田幸村のゆるい伝記 第22話 講演依頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは徳川家康の城。

家康「部下、やばい!」

部下「どうしました? 家康さん」

家康「講演の依頼がきた!」

部下「すごいですね。おめでとうございます」

家康「どうしよう。何しゃべろう…」

部下「ありのままでいいですよ」

家康「まず最初、なんてしゃべったらいい?」

部下「自己紹介ですかね」

家康「どんなふうに?」

部下「普通に『ほぼ天下人の徳川家康です』とか」

家康「え、ほぼ?」

部下「はい。ほぼ」

家康「なんでほぼなの?」

部下「だって、まだ完全に天下をとったわけじゃないですよね」

家康「うそぉ?」

部下「いや、うそじゃなくて」

家康「だっておれ、関が原の戦いで勝ったしょ」

部下「はい」

家康「征夷大将軍にもなったしょ」

部下「はい」

家康「幕府も開いたしょ」

部下「はい」

家康「これって完全に天下人だよね?」

部下「いやいや。まだ大坂が反抗的です」

家康「そうかな」

部下「知ってます? サル2世さんは大坂でリーダー気取りらしいっすよ」

家康「ホント?」

部下「真の天下人になるには、サル2世さんをやっつけないと」

家康「そうか」

部下「因縁をつけて、戦争に持ち込みましょう」

家康「本当に天下を統一したら、お祝いだね」

部下「はい」

家康「盛大に花火を打ち上げよう」

1611年。

徳川家康とサル2世(豊臣秀頼)は京都の二条城で会見した。

家康「サル2世さん」

サル2世「はい、家康さん」

家康「ちょっと、うしろ向いてもらえます?」

サル2世「え、どうして?」

家康「いいから、いいから♪」

サル2世「これでいいですか?」

家康「ぺたっ」

サル2世「わっ。背中になんか付けました?」

家康「なんも」

サル2世「確実になんか付けましたよね」

家康「いや、じつはですね…」

サル2世「はい」

家康「お守りを貼ったんですよ」

サル2世「お守り?」

家康「サル2世さんがいつまでも幸せでいられますようにって」

サル2世「えっ。ホントに?」

家康「はい」

サル2世「ジ~ン(感動)ありがとうございます!」

家康 ( ̄ー ̄)ニヤリ

ここは高野山。

サル2世「幸村さ~ん」

幸村「あ、サル2世さん」

サル2世「今日も差し入れもってきましたよ~」

幸村「わーい♪」

サル2世「これ、お父さんのお墓に。お供え」

幸村「いつもありがとう」

サル2世「そしてこれがジュース」

幸村「どうもどうも。あれ?」

サル2世「どうしたの?」

幸村「背中になんかついてるよ」

サル2世「ああ、これはね…」

幸村「紙だね」

サル2世「お守りです」

幸村「なんか字ぃ書いてある」

サル2世「なんて?」

幸村因縁

サル2世 Σ( ̄□ ̄;)

幸村「お守りにしては、かなりの変化球だね(汗)」

サル2世「だ、だまされた…」

1614年。

サル2世(豊臣秀頼)は家康に因縁をつけられた。(方広寺鐘銘事件)

歴史は大きく動き始める。

第23話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク