真田幸村のゆるい伝記 第20話 サル2世

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ここは高野山。

幸村たちは兵士に見張られて生活していた。

幸村「なんで、こっち見てるの?」

兵士「仕事ですから」

幸村「仕事?」

兵士「あなたを見張るのが仕事なんです」

幸村「そんなずっと見てなくても」

兵士「この柵から出たらダメですからね」

幸村「わかってるけどさ、一瞬だけ外出していい?」

兵士「ダメですよ」

幸村「だって退屈なんだもん」

兵士「ダメです」

幸村「あのさ…」

兵士「はい」

幸村「それ、徳川軍の制服?」

兵士「そうですよ」

幸村「もうボロボロだね」

兵士「働き者ですからね、僕」

幸村「新しい服、着たら?」

兵士「え?」

幸村「買ってきてあげる。なに色の服が似合うかな~」

兵士「……」

幸村「黒かな~。白かな~」

兵士「あの手この手できてもダメですよ」

幸村「ケチ」

そこへ1人の青年があらわれた。

青年「幸村さん。おひさしぶりです」

幸村「は?」

青年「お久しぶりです」

幸村 (´∇`;)えーと?

青年「覚えてますか」

幸村「どなたでしたっけ(汗)」

青年「サル2世です」

幸村 (゚ロ゚;)!

青年「天下人だったサルの息子の、サル2世です」

幸村第11話で生まれた、あの?」

青年「はい」

幸村「生まれた直後ぐにゅぐにゅだった、あの?」

青年「はい」

幸村「いや~♪ 名前が『青年』だから、わかんなかったよ」

サル2世「←これでどうです?」

幸村「あ、わかりやすい」

サル2世「じゃあ今後はこれで」

幸村「おっきくなったね」

サル2世「18歳です」

幸村第11話からもう18年たったんだね。今、どうしてんの?」

サル2世「一応、大坂で地元のリーダーみたいなことやってますよ」

幸村「頑張ってるね~」

サル2世「差し入れをもってきました。ジュースです」

幸村 (゚∀゚)きらり~ん

サル2世「皆さんでどうぞ」

幸村「ありがとう!」

幸村の父親があらわれた。

父親「むむっ。ジュースか。いいね」

幸村「あ、お父さん。一緒に飲もうよ」

父親「そうもいかんのだよ」

幸村「なんで?」

父親「ザ・寿命だ」

幸村の父親は倒れた。

第21話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク