真田幸村のゆるい伝記 第18話 バスの中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

徳川家康がバスに乗り込んできた。

幸村(心の声)げっ。あれって家康じゃん! どうかこっちに気づきませんように…

家康「あのぉ」

幸村(心の声)やっべぇ。からまれたー。

家康「あのぉ、ちょっと」

幸村「は、はい(汗)」

家康「もしかしてあなた…」

幸村「な、なんでしょう」

家康「仙人ですよね」

幸村「そ、そうです。仙人です。あきらかに仙人です、はい」

家康「じゃあ、不思議な力、使えますよね」

幸村「ええ、まぁ(汗)」

家康「申し遅れました。私、徳川家康といいます」

幸村「ど、どうも」

家康「じつは今、人を探してるんです。真田幸村っていう男なんですけど」

幸村「へ~(汗)」

家康「どこにいるか見つけて下さい。お願いします」

幸村「幸村っていう人を探して、どうするつもりですか?」

家康「そりゃあもう、ふふふ」

幸村「…笑顔が邪悪ですよ(怖)」

家康「幸村は私に逆らった憎いやつですからね」

幸村 (;´д`)

家康「これから一生、ローソンのことを『街のホットステーション』と呼ばなきゃいけない刑に処します」

幸村「そ、それはキツイですね(汗)」

家康「仲間との会話がギクシャクすること、うけあいです」

幸村 (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

家康「さあ、幸村の居場所を教えて下さい」

幸村「え、えーと…」

家康「この近くにいますか?」

幸村「い、いません」

家康「どのへんにいますか?」

幸村「どっか遠くですよ、きっと」

家康「遠くって?」

幸村「えーと、あっち」

家康「地名は?」

幸村「いや、わかんないですけど」

家康「わかんないんですか?」

幸村「そこまでは、ちょっと」

家康「仙人パワー、ゼロじゃないですか」

幸村「そんなことないですよ」

家康「あなた、ホントに仙人なんですか?」

幸村「は、はい(汗)」

家康「じゃあ、証拠を見せてください」

幸村「証拠?」

家康「3秒以内に証拠を見せないと、ニセ仙人に決定します」

幸村「え~…(汗)」

家康「3、2、1…」

幸村、またまたピーンチ!

第19話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク