真田幸村のゆるい伝記 第16話 関ヶ原の戦い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

西暦1600年9月15日、夜。

上田城。

幸村「お父さん。なにやってんの?」

父親「これね、バスの時刻表」

幸村「どっか行くの?」

父親「まあ、ちょっとね」

幸村「それよりテレビ見ようよ」

父親「テレビ?」

幸村「だって今日あれでしょ、関ヶ原の戦い」

父親「あぁ」

幸村「生中継するんだよね」

父親「もう終わったよ」

幸村「え?」

父親「昼間やってた」

幸村「デイゲーム?」

父親「うん」

幸村「 ( ̄ロ ̄|||) 見逃した…」

父親「大丈夫。録画したから」

幸村「でもなー、そういうの録画で見てもなー」

父親「すごい試合だったよ。見な」

幸村「ホント?」

父親「あのね、小早川がね…」

幸村「待って。言わんで。どっちが勝ったか、楽しみにしとくから」

父親「やべっ。言いたい」

幸村「絶対言わんでよ」

父親「わかってるって」

幸村「試合、ちゃんと最後まで録った?」

父親「家康さんのヒーローインタビューまで入ってる」

幸村 (;´д`)言っちゃった…

父親「どした?」

幸村「なんでもない…」

父親「おっ。もうこんな時間だ」

幸村「へ?」

父親「急いでバス停に行こう」

幸村「なんで?」

父親「逃げるのさ」

幸村「逃げる?」

父親「この際、時間がないから言ってしまうけど、関ヶ原の戦いは家康さんが勝って、三成さんが負けたんだ」

幸村「もう、知ってるよ」

父親「このままだと三成派の我われの命も危ない」

幸村「あ、そっか」

父親「だから逃げる」

ふたりはバス停へ急いだ。

そのころ家康は…

家康「ちょっとぉ、やめてやー!」

部下「え?」

家康「謝んなー」

部下「僕、なにか悪いことしました?」

家康「なんで急にビールかけるのさ」

部下「いや、優勝パーティ…」

家康「あーあ、濡れた」

部下「……(汗)」

家康「よそいき濡れた」

部下「……す、すいません」

家康「と、このように…」

部下「?」

家康「怒りがいい具合に高まったところで、このパワーを残党狩りに注入する」

部下「というと?」

家康「三成の仲間がまだあっちこっちに残ってるから、それをやっつけるの」

部下「なるほど」

家康「まずは真田親子だ」

部下「じゃあ、さっそく上田城へ…」

家康「いやいや。バスだよ」

部下「え」

家康「たぶん2人はもう逃走してる。だから先回りして叩きのめす」

部下「なるほど」

家康はバス停を先回りして待ち伏せすることにした。

真田親子は、それを知らない。

真田幸村 第17話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

スポンサーリンク