真田幸村のゆるい伝記 第14話 西軍挙兵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

家康とどうしても仲直りがしたい幸村は、プリンを買って家康の屋敷を訪れた。

幸村「あのぉ…」

家康「あ、幸村」

幸村「こんにちは」

家康「なにさ」

幸村「プリン、持ってきたんですけど…」

家康「プリン?」

幸村「別に無理にケンカするつもりはないんで。えへへ(汗)」

家康「ふーん…」

幸村「やっぱケンカは良くないっすから。えへへ(汗)」

家康「ま、もらっとくわ、プリン」

幸村「どうぞ、どうぞ」

家康「君みたいな弱小大名が、何の後ろ盾もなくおれみたいな大手の大名を敵に回したら、生きていけないもんね」

幸村「ええ、まあ(汗)」

家康「お、このプリンうまいね♪」

幸村「(゚∀゚)やった!」

家康「仲直りしてあげる」

幸村「よかった~」

家康「じゃあ、さっそくだけど…」

幸村「はい」

家康「一緒に、東北に行こうか」

幸村「東北?」

家康「東北で反乱が起きてさ」

幸村「へぇ~」

家康「今からそれをやっつけに行くんだよね」

幸村「いいっすね。行きましょう♪」

1600年6月16日、徳川家康は東北地方の反乱を鎮圧するため大坂城を出発した。

真田幸村もこの軍勢に参加した。

そのころ。

隠居した石田三成のようすは…

三成「部下くん」

部下「はい。三成さん」

三成「今週あたり、挙兵でもどう?」

部下「えっ」

三成「挙兵」

部下「どういうことですか?」

三成「大坂をのっとるのさ」

部下「のっとるって…」

三成「いま家康は、政治の中心地の大坂を離れて、東北に向かってるよね」

部下「はい」

三成「その隙に大坂をのっとって、政治の実権を握ってしまうんだ」

部下「おぉ…」

三成「そして家康を失脚させ、サル2世さんの天下を確立させる!」

部下「そんな構想をもってたんですか」

三成「うん。隠居したのは、家康を油断させるための作戦さ」

部下「やりますね~」

三成「さあ、さっそく挙兵だ」

部下「いや、でも…」

三成「?」

部下「仲間を集めてからのほうが…」

三成「仲間ならいるよ」

部下「誰です?」

三成「真田幸村」

部下「おお、あの碓氷峠の名将♪」

三成「さっそく記者会見の準備だ」

部下「わかりました」

三成「テレビ演説で挙兵を発表する!」

1600年7月17日、石田三成は打倒家康の兵を挙げた。

一方、東北へ向かっている家康と幸村は…

家康「なんか面白いテレビやってないかな~」

幸村「あ。記者会見やってますよ」

家康「ホントだ」

幸村「また三成さんですね」

家康「見てみよう」

石田三成、挙兵会見。

三成「どこかでこの放送を見ている同志、幸村くん。いまこそ立ち上がるときだ!  約束どおり、ともに家康を倒そう!」

幸村 Σ( ̄□ ̄;なにぃ!

家康「え、そうなの?」

幸村「ち、違いますよ…」

家康「もしかして、おれのことスパイしてたの?」

幸村「違いますって(汗)」

家康「生かして返すわけにはいかないねぇ」

幸村 (;´д`)

幸村、危うし!

真田幸村 第15話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク