真田幸村のゆるい伝記 第12話 秀吉の死

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

夏の夜。

真田幸村と友人は打ち上げ花火を見上げていた。

ヒュ~~~、ドーン!

幸村「すげぇ! 見た!?」

友人「うん」

ヒュ~~~、ドドーン!

幸村「あ、ほら! でけぇ!」

友人「見てるよ」

ヒュ~~~、ドドドーン!

幸村「うぉ、きれい♪ 見て見て!」

友人「見てるって」

幸村「おれらってさ…」

友人「?」

幸村「昔っから戦いばっかりだったしょ」

友人「そうだね」

幸村「平和なのって、ウソみたいだよね」

友人「サルさんのおかげだね」

幸村「あといくつの夏を、こうやって平和に過ごせるのかな」

翌日。

ここはサル(豊臣秀吉)のお城。

幸村「サルさん」

サル「あ、幸村」

幸村「きのうの花火大会、見ました?」

サル「いや、忙しくて」

幸村「すごかったですよ。キラキラで」

サル「それよりさ…」

幸村「はい」

サル「いきなりだけど、なんだか寿命の予感」

幸村「寿命?」

そこへ死神があらわれた。

死神「どーもー。死神でーす♪」

サル「ほら来た」

幸村 Σ( ̄□ ̄;死神!

死神「お迎えに来ました。サルさん、そろそろ」

サル「わかった」

幸村「マジで寿命なんすか?」

サル「にぎやかで楽しい一生だったよ」

幸村「サルさん…」

サル「2世をくれぐれもよろしく」

幸村「(ToT) は、はい(涙)」

サル「じゃあね!」

1598年8月18日、サル(豊臣秀吉)は息をひきとった。

その夜。

真田幸村と友人の会話。

友人「……」

幸村「……」

友人「花火って、きのうだっけ」

幸村「うん」

友人「なんか、ずっと昔のことみたいだね」

幸村「……」

友人「こうやって、忘れていっちゃうのかな、いろいろ」

幸村「そんなことないって」

友人「?」

幸村「おれたち、この目で見たんだしさ。打ちあがって、花開いて、散って…」

友人「うん」

幸村「ドでかい花火だったね」

友人「にぎやかで、楽しくて…」

幸村「そう。だから忘れない」

友人「そうだね」

豊臣秀吉は散った。

天下はふたたび動きはじめる…

真田幸村 第13話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク