真田幸村のゆるい伝記 第8話 幸村の初陣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスありがとうございます。真田幸村のゆるい伝記を書いています。前回までで、幸村は上杉家をはなれ、豊臣家に従うことになりました。伝記のもくじはこちらです。

では、物語のつづきです。


こうして幸村はサルさんのところで暮らすこととなった。

幸村とサルさんの会話。

幸村「それにしてもサルさん」

サル「?」

幸村「ついこの前まで戦国時代とかいってみんなでワーワーやってましたけど…」

サル「うん」

幸村「最近は平和ですね」

サル「そうだね」

幸村「毎日安心して暮らせますよ」

サル「でしょ」

幸村「これって、サルさんのおかげですよね」

サル「ふふふ。そう。おれが天下をほぼ統一したおかげだね」

幸村「ん? ほぼ?」

サル「ほぼ」

幸村「完全に統一したわけじゃないんですか?」

サル「うん。まだおれの言うこと聞かない人たち、いるんだよね」

幸村「誰っすか、それ」

サル「関東の戦国大名Hさんとか」

幸村「え、じゃあ、そのHさんが暴れだしたら、また乱世に逆戻りですか?」

サル「いや、それは大丈夫」

幸村「なんで?」

サル「もし暴れだしても、そっこう天下の大軍で抑えるから、犠牲は最小限で済むよ」

幸村「そうですか、よかった。でもあれですね…」

サル「?」

幸村「その『最小限の犠牲』になっちゃった人は、かなり残念賞ですね」

サル「だね」

幸村「よりによってオレかよ!って…」

そこへサルさんの部下があらわれた。

部下「サルさん、ご報告です」

サル「おぉ、部下」

部下「関東の戦国大名Hが暴れだしました」

サル「なに!」

部下「真田ファミリーの城が攻撃され、落城しました」

幸村 Σ( ̄□ ̄; おれかよ!

1589年、真田家の名胡桃城は関東の戦国大名H(北条氏)に奪われた。

サル「幸村くん」

幸村「は、はい」

サル「Hさんは、よりによって君んち方面で暴れだした」

幸村「あのぉ、ってことは、うちの父親は無事なんでしょうかね?」

サル「あの人は歴戦の勇士だから、心配いらないでしょ」

幸村「だといいんですけど」

サル「おれはさっそくHさんを討ちに行く」

幸村「お願いします」

サル「じつは今回、無敵の作戦を考えてあるんだ」

幸村「さすがサルさん!」

サル「名づけて『Hさんの領土に2つのルートから攻め込んでビックリさせる作戦』だ」

幸村「おお~」

サル「まずおれが東から攻め込む」

幸村「はい」

サル「そして別働隊が北から攻め込む」

幸村「いい作戦っすね」

サル「というわけで幸村くん」

幸村「はい」

サル「北、よろしく」

幸村「え?」

サル「さぁ、さっそく出発だ」

幸村「いやいやいや、ちょっと待ってくださいよ」

サル「なにさ」

幸村「ぼく、なんだかんだいって1回も合戦とかしたことないんですよね(汗)」

サル「お、デビューじゃん。ま、気楽に。ダメもとで」

幸村「ダメだと困るんですけど (ToT)」

サル「これは壮大な作戦だ。成功したらカッコイイよ。よろしく!」

サルさんは出陣の準備のため、その場を去った。

残された幸村。

そこへ友人があらわれた。

友人「どした? 元気ないけど」

幸村「壮大な作戦の一翼をムリヤリ担わされた(涙)」

友人「おいおい。泣くなって…」

幸村「友人くん、軍隊の指揮ってできる?」

友人「え、なんで」

幸村「おれのかわりにやって」

友人「ダメダメ。自信ない」

幸村「おれだって自信ないよぉ(ToT)」

そのとき、ひとりの男が姿をあらわした。

父親「お困りかい? 息子よ」

幸村「あ、お父さん(゚∀゚)」

父親「力になろうか」

幸村「無事だったの?」

父親「簡単にくたばるお父さんじゃないからね。」

幸村「よかった~」

父親「はやく出陣の準備をしなさい。合戦のなんたるかを、おまえに教えてあげよう」

この戦いが真田幸村の初陣となる。

真田幸村 第9話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク