真田幸村のゆるい伝記 第7話 豊臣秀吉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここは新潟県。

真田幸村と友人の会話。

友人「今の電話、なに?」

幸村「あんね、うちのお父さんがさ…」

友人「うん」

幸村「パソコンの電源、切りに来てって言うんだよね」

友人「今?」

幸村「今すぐ」

友人「電話で教えてあげればいいしょ」

幸村「はなし、通じなくて」

友人「戦国大名Uさんの帰りを待って、外出許可もらってからのほうがいいんでないの?」

幸村「いや、だってさ、早く電源切らないとウィルスとか入ったらピンチでしょ」

友人「じゃあ、とりあえずインターネットの線ぬくように電話で言えば?」

幸村「全然ちがう線をぬいてパニックになるよ、きっと」

友人「そうか」

幸村「てことでおれ実家に帰るから、付き合って」

友人「え、おれも?」

幸村「だってさ、もしUさんに見つかって、おれひとりだけ怒られたら困るしょ」

友人「ふたりで怒られても困るよ」

幸村「そこはほら、一心同体ってことで」

友人「都合のいい言葉だなぁ」

幸村「さ、早く行って早く帰ってこよう」

友人「はいはい」

1586年5月、幸村は戦国大名Uの留守中ひそかに実家へと戻った。

一方、そうとは知らない戦国大名Uは、天下人のサルさん(豊臣秀吉)に謁見していた。

戦国大名U「そういえばですね、サルさん」

サル「ん?」

戦国大名U「最近ぼく、人質を手に入れたんですよ」

サル「ホント?」

戦国大名U「真田ファミリーの息子を人質としてキープしてるんです」

サル「人質をとるということは、そのファミリーを支配するということだからね」

戦国大名U「はい」

サル「きみも成長したねぇ」

戦国大名U「そういうサルさんこそ、あっちこっちのファミリーから人質バンバン取ってるんですよね?」

サル「まぁね~。天下人だしさ。ふふふ」

戦国大名U「ぼくもサルさんに負けないように頑張ります」

サル「大事な人質を手放さないようにね」

戦国大名U「はい。あ、もうこんな時間ですね」

サル「なに、もう帰るの?」

戦国大名U「人質のようすも気になるんで」

サル「そっか。じゃ、また」

戦国大名U「さよなら~」

そのころ。

幸村は実家で父親のパソコンの電源を切り終えて…

幸村「さてと、パソコンの電源も切ったし、新潟県に戻るか」

友人「急ごう」

幸村「でもさ、実家をたずねるのにもビクビクしなきゃならないなんて、おかしいよね」

友人「人質だからね」

幸村「じつは『実家には自由に帰っていい』とかっていう規則、あったりして」

友人「まさか」

幸村「だとしたらおれたち、こんなにビクビクして、なんか損した気分だよね」

友人「そういえば、紙もらってるしょ」

幸村「紙?」

友人「人質の規則を書いた紙」

幸村「ああ、もらったね」

幸村はふところから紙を取り出した。

幸村「これこれ」

友人「それになんか書いてあるんじゃないの?」

幸村「読んでみよう」

友人「うん」

幸村「規則1.無断で新潟県を抜け出したら死刑」

友人「……」

幸村「……」

友人「やばいね」

幸村「う、うん(汗)」

友人「ちなみに、つづきは?」

幸村「規則2.ただし、ものすごい勢いで謝ってきたら許す」

友人「おぉ!」

幸村「すぐあやまりに行こう、すぐ」

友人「すぐっていっても、Uさんは今、サルさんのところだよ」

幸村「じゃあサルさんのところに行けばいいしょ」

そこへ幸村の父親があらわれた。

父親「いやー、さっきは電源を切ってくれてありがとう。コーヒー入れたから飲んでいってよ」

幸村「それどころじゃないよ」

父親「おいおい。そんなに慌ててどこに行くのさ?」

幸村「サルさんのところ!」

幸村と友人は飛び出した。

そのころ。

新潟県にもどった戦国大名Uは…

戦国大名U「あれ? 幸村くんたちは?」

その家臣「それが、どっかに行っちゃったみたいで…」

戦国大名U「え。逃げたってこと?」

その家臣「おそらく」

戦国大名U「そんなことは許さんよ。よし、ファミリーの実家に電話してやる!」

戦国大名Uは幸村の父親に電話をかけた。

戦国大名U「もしもし。真田さんのお宅ですか?」

父親「はい」

戦国大名U「戦国大名Uと申します」

父親「これはどうも。幸村がいつもお世話になっています」

戦国大名U「その幸村くんなんですが、どうやら無断で外出したようで」

父親「あぁ」

戦国大名U「規則を守っていただかないと困るんですよね。こっちも集団生活ですし」

父親「幸村なら、ついさっきまでここにいましたよ」

戦国大名U「え? 本当ですか?」

父親「はい」

戦国大名U「それで、今はどこに?」

父親「天下人のサルさんのところへ行くといって、出て行きました」

戦国大名U「サルさんのところへ…」

父親「はい」

戦国大名U「ほほぉ~。そういうことですか」

父親「?」

戦国大名U「あなたがたファミリーは、僕ではなくサルさんに服従するということですね」

父親「いや、べつにそういうわけじゃ…」

戦国大名U「これは侮辱です。怒ります。ぷんぷん」

父親「……」

戦国大名U「ものすごい勢いで謝ってきても許してあげませんからね」

ガチャン! 戦国大名Uは電話を切った。

ここは天下人のサルさんのお城。

幸村「えっ。戦国大名Uさん、もう帰っちゃったんですか?」

サル「うん」

そのとき、幸村のケータイが鳴った。

幸村「はい。もしもし」

父親「おれおれ。お父さん」

幸村「ああ」

父親「今、戦国大名Uさんから電話があって。かなり怒ってたよ」

幸村「大丈夫。ものすごい勢いで謝れば許してくれることになってるから」

父親「いや、それがさ…」

幸村「うん」

父親「『ものすごい勢いで謝ってきても許してあげませんからね』って言ってたよ」

幸村 Σ( ̄□ ̄;

父親「どう? 今のモノマネ、うまい?」

幸村「ショック…」

父親「『ものすごい勢いで謝ってきても許してあげませんからね』 どう? 似てる?」

幸村「今それどころじゃないよ」

父親「とくに『あげませんからね』が似てると思うんだけど。ふふ」

幸村「どうでもいいよ…(-_-;)」

父親「どうして落ち込んでるの?」

幸村「だって、このままだと死刑なんだもん」

父親「新潟県に戻らなければいいしょ」

幸村「え?」

父親「そのままサルさんのところに居座っちゃいな」

幸村「そういうのもありなの?」

父親「戦国大名Uさんよりもサルさんのほうが強いしょ」

幸村「そりゃあ、天下人だからね」

父親「うちもさ、どうせ人質を出すなら、より強いところのほうがいいから」

幸村「そ、そっか」

父親「てことで、幸村は今日からサルさんの人質ね。はい決定♪」

1586年、真田ファミリーは戦国大名Uから乗り換えて、サルさん(豊臣秀吉)に臣従した。

真田幸村 第8話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク