真田幸村のゆるい伝記 第4話 家康の陰謀

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

真田幸村のゆるい伝記を連載しています。

トップページはこちらです。では、前回のつづきを…


数日後。

ここは真田幸村の家。

真田幸村の父親はあわてていた。

父親「あたふた。あたふた」

幸村「お父さん」

父親「あたふた。あたふた」

幸村「お父さん!」

父親「おぉ、幸村」

幸村「何やってるの?」

父親「うん。いい質問だね。お父さんは今、あたふたしていたんだよ」

幸村「どうして?」

父親「わが一族を守ってくれていた織田信長が死んでね…」

幸村「あぁ」

父親「それで、ひとまずあたふたしてみたというわけさ」

幸村「それなら大丈夫だよ」

父親「?」

幸村「今度は徳川家康っていう人が守ってくれるから」

父親「それは本当かい? 息子よ」

幸村「本当だよ」

父親「じゃあ、お父さんがあたふたする必要はもうないのかい?」

幸村「ないね」

父親「そうか、じゃあスキップで競走だ♪」

幸村「え」

父親「それ、負けないぞ。あはははは。あはははは」

父はスキップで走り去った。

幸村「……」

そこへ幸村の友人があらわれた。

友人「きみのお父さん、軽やかだね」

幸村「まあね」

友人「あ、それよりさ…」

幸村「うん」

友人「あの徳川家康っていう人、信用できるのかな」

幸村「え、なんで?」

友人「なーんか、うさんくさいんだよね、笑顔が」

幸村「そうかなぁ…?」

ここは徳川家康の城。

徳川家康とその部下がはなしをしていた。

部下「家康さん、やばいっすよ」

家康「どうした、部下」

部下「関東の戦国大名Hが攻めてきました」

家康「そうか」

部下「出撃の準備を」

家康「いや。やめておこう」

部下「は?」

家康「争いはやめて、戦国大名Hさんと友達になろう」

部下「そんなこと言っても、むこうはやたらケンカ腰ですよ」

家康「大丈夫」

部下「大丈夫って、どうするんです?」

家康「こっちの領土の一部をプレゼントする」

部下「なるほど」

家康「そしたら仲良くなれるしょ」

部下「でも、どのへんの領土をプレゼントします?」

家康「地図もってきて」

部下「はい。これです。どうぞ」

家康は地図をのぞき込みながら…

家康「プレゼントするのはねぇ…」

部下「はい」

家康「ここ」

部下「え、でもここは真田ファミリーの領土ですよ」

家康「うん」

部下「いいんですか?」

家康「真田ファミリーはおれの保護下にあるしょ」

部下「はい」

家康「ということは、その領土はおれの領土みたいなもんだよね」

部下「強引ですね」

家康「強引だよ」

部下「もしかして最初からそのつもりで真田ファミリーに声をかけたんですか?」

家康「まあね ( ̄ー ̄)ニヤリ」

1582年10月、徳川家康は真田家の領土(沼田)を戦国大名H(北条氏)にプレゼントした。

しかも真田家には無断で。

真田家は領土を失った…

真田幸村 第5話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生