ゲンキの時間で紹介された8時間ダイエットのやり方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お正月太りを解消したくなる時期ですよね。脂肪はそのままにしておくと定着しやすくなるので、ついたら早めに解消するのがいいんだそうです。『健康カプセル!ゲンキの時間』でおもしろいダイエットが紹介されていました。

スポンサーリンク

8時間ダイエット

その名も8時間ダイエットです。特徴は…

  • 食事制限なし
  • カロリー制限なし
  • 特別な運動の必要もなし

です。

やり方

一日のうち8時間だけが食事タイムで、それ以外の16時間は食事をしない、というものです。

つまり、最初の食事をしてから8時間後までに最後の食事を済ませます。

例えば…

最初の食事が朝7時なら、最後の食事は午後3時。

最初の食事がお昼12時なら、最後の食事は午後8時です。

食事をしても良い8時間は、それぞれ生活スタイルに合わせて設定します。その間の食事の回数は自由だそうです。

水分は多めに

水分は多めに取ります。1日2リットルくらい。

食べない16時間は、カロリーや糖分のない水やお茶などをこまめに摂るようにします。

空腹感をおさえる

16時間ぶりに食事をすると、たくさん食べたくなります。

それを解消するのが、睡眠と噛むことです。

睡眠をとる

睡眠をしっかり取ることがダイエットにつながります。

7時間しっかり寝ると、食欲を抑えるレプチンという物質が多く分泌されるそうです。睡眠が不足すると、そのレプチンが減少するので食欲が出て、食べ過ぎにつながります。

それから…

レプチン云々もそうなんですが、寝ること自体もダイエットになるといいます。質のいい睡眠をとれば、一晩で300kcalの脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されるそうですよ。寝ることがダイエットになるなんてイイですよね。

よく噛む

食事のとき、よく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激し、食べる量を減らすことができます。

それだけじゃなく、ゆっくりよく噛んで食べると、食後のエネルギー消費量が増加するという研究結果もあるそうです。

噛む回数の目安は、一口につき30回です。

ぼくがやせた経験

ぼくは一時期とてもやせたことがありました。まわりからも、痩せたね、細くなったね、と言われました。そのときにしていたのが、睡眠と噛むことでした。

その時期、夜は11時にはベッドに入って、睡眠はしっかりとっていました。

食事の前には野菜(おもにキャベツ)を先に食べました。一口につき30回以上は噛んでいました。50回くらい噛んでいたかも知れません。

これはお笑い芸人のナイナイ岡村さんを見習って始めました。岡村さんがEXILEとコラボしたオカザイル企画のときに、やせるためにやっていた方法です。快便にもなって、見る見るやせていきました。

太ったのでもう履けないとあきらめていたスーツのズボンも、すっぽり入るようになりました。逆に今まで履いていたズボンがゆるゆるで履けなくなりました。ベルトの穴も変わりました。

そういう経験があるので、この8時間ダイエットの話はとてもうなづけます。今後も油断せず、気を付けて行きます。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする