真田幸村のゆるい伝記 第2話 信長との出会い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

真田幸村のゆる~い伝記を連載しています。

トップページはこちらです。では、前回のつづきです~。


武田家が滅亡した。

真田幸村(さなだゆきむら)と友人の会話のつづき…

幸村「うちのファミリーって武田家臣団のメンバーなんだけどさ」

友人「うん」

幸村「武田家が滅びたってことは、家族そろって失業?」

友人「そうだね」

幸村「やべっ。あたらしい仕事さがさなきゃ」

友人「いや、それより武士的には仕返ししたほうがいいと思うよ」

幸村「仕返し?」

友人「うん」

幸村「誰に?」

友人「武田家を滅ぼした張本人に」

幸村「それ誰さ?」

友人「織田信長」

幸村「え、その人、強そうだね」

友人「なんで?」

幸村「名前がさ、教科書とかに出てきそうでしょ。しかも太字で」

友人「そうかもね」

幸村「どうせおれの名前なんか教科書に出てこないよ」

友人「やればできるよ」

幸村「出てきても『なにこれ、両方名字?』って言われて終わりだよ」

友人「卑屈になるなって…」

幸村「とにかくそんな強そうな人と戦うのは、ちょっと無理」

友人「でも主君の仇を討てば評判が高まって、再就職に有利だよ」

幸村「あ、なるほど」

友人「さぁ、さっそく信長をやっつけに行こう。信長は西にいる」

幸村「ちょっと待って」

友人「なに」

幸村「ふたりだけで信長を倒すの?」

友人「それは無理だよ」

幸村「だよね」

友人「旅の途中で仲間を集めながら行こう」

幸村 ふふ( ̄ー ̄)

友人「?」

幸村 ふふふ( ̄ー ̄)

友人「え。なんでニヤけてるの?」

幸村「いや、こういうのってさ、RPGみたいで楽しいね」

友人「は?」

幸村「なんか、勇者が冒険の旅に出るみたいで」

友人「そうかなぁ」

幸村「勇者がパーティ組んで敵を倒しに行くなんて、ドラクエとかFFっぽいしょ」

友人「まあ、なんでもいいけど」

幸村「じゃあおれ、今から勇者ね」

友人「はいはい」

幸村「さぁ、出発♪」

真田幸村と友人は馬に乗って西へむかった。

幸村「まずはメンバーをあつめないとね」

友人「うん」

幸村「強い人がいいなぁ」

友人「あ、アレ見て」

幸村「どこ?」

友人「ほら、そこ」

幸村「おぉ。強そうな人がいるね。しかも仲間をいっぱい連れてる。メンバーに加えようか」

友人「あれが信長だよ」

幸村「え?」

友人「あれが織田信長」

幸村「……てことは、敵?」

友人「うん」

幸村「やばいしょ。あっちあんな大勢で、こっち2人だよ」

友人「見つからないように逃げよう」

ところが信長が声をかけてきた。

信長「ねぇねぇ、そこの2人」

幸村「ぅわー…(-_-;)」

信長「ちょっと聞きたいんだけど、いい?」

幸村「え、僕っすか?」

信長「今おれね、武田の残党狩りをやってるんだけど…」

幸村「は、はい」

信長「真田ファミリーがどこにいるか知らない?」

幸村 ドキッ!

信長「あいつら、武田の残党の中でも実力派だからさ…」

幸村「……」

信長「今のうちに見つけ出して、ボコボコにしたいんだよね」

幸村「……」

信長「あれ? ちょっと君さ、顔みせて」

幸村「な、なんでしょう(汗)」

信長「もしかして真田ファミリーの一員?」

幸村「え、えーっと…」

信長「もしそうなら今からおもむろに鬼と化すけど」

幸村「ち、ちがいますよ。真田なんて知らないっす」

信長「ホント?」

幸村「むしろ僕は信長さんと友達になりたいな~って。そういう人です」

信長「そうなの?」

幸村「はい」

信長「その場しのぎで適当なこといってる目ぇしてるよ」

幸村 ドキッ!

信長「あやしいなぁ」

幸村「あやしくないっすよ。友達になりましょう。ね。ね」

信長「……まぁ、そんなに言うんなら」

幸村「よかった」

信長「じゃあ、メールアドレスでも交換しとく?」

幸村「いいっすね。僕のメアドは…」

信長「うん」

幸村「全部小文字で、sanada@」

信長「サナダ?」

幸村「あ」

信長「はい、鬼と化しまーす」

幸村、ピーンチ。

真田幸村 第3話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

グロースファクター 毛髪再生