真田幸村のゆるい伝記 第1話 幼年時代

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

日本一の兵(つわもの)と称えられながらも、

「大坂夏の陣」で壮絶な戦死を遂げた智謀の名将・真田幸村。

彼が幸村と呼ばれるようになるのは後世のことですが、

名前がいろいろ出てくるとややこしいので、もう幸村。

さて物語をはじめます。

これは武田信玄、上杉謙信、織田信長たちが覇をきそいあっていた戦国時代のおはなしです。

幸村「ねぇねぇ友人くん」

友人「ん」

幸村「武田信玄って知ってる?」

友人「戦国武将でしょ」

幸村「そう。有名だよね」

友人「うん」

幸村「最強の呼び声が高いよね」

友人「まあね」

幸村「その家臣団っていうのも、きっと優秀に違いないね」

友人「そうだね」

幸村「じつはね、ここだけのはなし…」

友人「うん」

幸村「うちの家族、武田家臣団のメンバーなんだよね」

友人「お。スゴイね」

幸村「もうちょい自慢ばなし続行していい?」

友人「いいよ」

幸村「信玄って最近、いよいよ天下取りに動き出してさ」

友人「知ってるよ。大軍をひきいて京都に向かったんでしょ」

幸村「信玄が天下とったら、おれんち大名だよ。ふふふ」

友人「嬉しそうだね」

幸村「だって大名だよ、大名。人生ばら色だよ」

友人「でもさぁ…」

幸村「うん」

友人「信玄、死んだよね」

幸村 え!Σ( ̄□ ̄;

友人「京都に行く途中、病気で死んだしょ」(1573年 武田信玄病没)

幸村「……」

友人「大名になる夢、残念だったね」

幸村「いや、まだ望みはあるよ」

友人「?」

幸村「武田家には無敵の騎馬軍団がいるしょ」

友人「あぁ」

幸村「信玄が死んでも、騎馬軍団が敵を蹴散らして天下をとってくれるよ」

友人「でもさぁ…」

幸村「うん」

友人「騎馬軍団、壊滅したよね」

幸村 え!Σ( ̄□ ̄;

友人「織田信長の鉄砲隊にメッタメタにやられたしょ」(1575年 長篠の戦い)

幸村「……」

友人「大名になる夢、残念だったね」

幸村「いや、まだ望みはあるよ」

友人「?」

幸村「1回や2回負けたからってなんてことはない」

友人「プラス思考だね」

幸村「武田家があるかぎり、おれたちは戦い続けて、いつか天下を…」

友人「でもさぁ…」

幸村「うん」

友人「武田家、滅びたよね」

幸村 え!Σ( ̄□ ̄;

友人「当主が切腹して、滅亡したしょ」(1582年 武田家滅亡)

幸村「……」

友人「大名になる夢、残念だったね」

主家・武田家が滅びた。このままでは幸村は路頭に迷ってしまう。

ここから幸村の権謀術数にみちたサバイバル人生がはじまる。

真田幸村 第2話へ

真田幸村のゆるい伝記トップへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク