1月11日は敵に塩をおくる日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「敵に塩をおくる」という言葉があります。敵対している相手に、救いの手をさしのべるという意味です。

この故事がうまれたのが1月11日です。

スポンサーリンク

塩がない!

戦国時代、武田信玄は塩がなくて困っていました。

隣国の今川や北条が経済封鎖をして、武田家に塩を送らないようにしたからです。

上杉謙信は、ふだんは武田信玄とはげしく争っていましたが、この経済封鎖には参加しませんでした。

そのおかげで、武田家は上杉家のルートから塩を仕入れることができました。

1月11日に塩が届いた

塩が武田家にとどいたのが、1568年(永禄11年)の1月11日でした。(新暦では1月27日になるそうです)

しあわせなのは自分

1月11日は、「敵に塩をおくる」日です。塩をおくらないまでも、ちょっとだけ優しい気持ちになってみるのもイイかもですね。優しい気持ちになって一番しあわせなのは、自分自身ですから。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする