1月10日は退路を断って決断する日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1月10日は「賽(さい)は投げられた」という言葉が生まれた日です。賽(さい)とはサイコロのこと。

スポンサーリンク

賽(さい)は投げられた

意味は…

サイコロはすでに振られた、もうあとには戻れない、こうなったらやるしかない!

です。

カエサルのことば

「賽(さい)は投げられた」は、ローマの将軍ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が、ルビコン川を渡るときに言ったことばです。

ルビコン川は、特別な川でした。

この川は、武装したまま渡ることが禁じられていました。本来なら武装を解除して渡るべきです。でも当時の状況では、カエサルが武装を解除して川を渡れば、政敵たちに討たれる可能性がありました。

カエサルは武装したまま川を渡り、決戦する道を選びました。紀元前49年のことです。カエサルはみごとに勝利しました。

ちなみに英語で The die is cast. というそうです。

スポンサーリンク

決断の日

1月10日は、「賽(さい)は投げられた」という言葉が生まれた日です。退路を断って決断するのにふさわしい日ですね。なんとなく縁起がいいかも。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ