百人一首のゆる~い現代語訳もくじ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百人一首をゆる~くシンプルに現代語訳しています。

この記事がもくじページとなっています。

むかしは、お正月に親戚みんなであつまって百人一首をやったものです。

スポンサーリンク

百人一首 現代語訳

以下のリンクからご覧ください。

百人一首 No.1~5の訳
秋の田の…(天智天皇)
春すぎて…(持統天皇)
あしびきの…(柿本人麻呂)
田子の浦に…(山部赤人)
奥山に…(猿丸大夫)

百人一首 No.6~10の訳
かささぎの…(中納言家持)
天の原…(阿倍仲麻呂)
わが庵は…(喜撰法師)
花の色は…(小野小町)
これやこの…(蝉丸)

百人一首 No.11~15の訳
わたの原…(参議篁)
天つ風…(僧正遍昭)
筑波嶺の…(陽成院)
みちのくの…(河原左大臣)
君がため…(光孝天皇)

百人一首 No.16~20の訳
立ちわかれ…(中納言行平)
ちはやぶる…(在原業平)
すみの江の…(藤原敏行)
難波潟…(伊勢)
わびぬれば…(元良親王)

百人一首 No.21~25の訳
いま来むと…(素性法師)
吹くからに…(文屋秀康)
月みれば…(大江千里)
このたびは…(菅家)
名にしおはば…(三条右大臣)

百人一首 No.26~30の訳
小倉山…(貞信公)
みかの原…(中納言兼輔)
山里は…(源宗干朝臣)
心あてに…(凡河内躬恒)
ありあけの…(壬生忠岑)

百人一首 No.31~35の訳
朝ぼらけ…(坂上是則)
山川に…(春道列樹)
ひさかたの…(紀友則)
誰をかも…(藤原興風)
人はいさ…(紀貫之)

百人一首 No.36~40の訳
夏の夜は…(清原深養父)
白露に…(文屋朝康)
忘らるる…(右近)
浅茅生の…(参議等)
しのぶれど…(平兼盛)

百人一首 No.41~45の訳
恋すてふ…(壬生忠見)
ちぎりきなかたみに袖を…(清原元輔)
あひみての…(権中納言敦忠)
あふことの…(中納言朝忠)
あはれとも…(謙徳公)

百人一首 No.46~50の訳
由良の門をわたる舟人かぢをたえ…(曽禰好忠)
八重むぐらしげれる宿の…(恵慶法師)
風をいたみ岩うつ波の…(源重之)
みかきもり衛士のたく火の…(大中臣能宣)
君がため惜しからざりし…(藤原義孝)

百人一首 No.51~55の訳
かくとだにえやはいぶきのさしも草…(藤原実方朝臣)
あけぬれば 暮るるものとは知りながら…(藤原道信朝臣)
嘆きつつ ひとりぬる夜の…(右大将道綱母)
忘れじの ゆくすゑまでは…(儀同三司母)
滝の音は たえて久しくなりぬれど…(大納言公任)

つづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする