歯磨きとガムがインフルエンザの予防に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

数年前インフルエンザにかかってとてもつらい思いをしました。今年は予防に力を入れます。

ありがたいことに、1月5日放送の『林修の今でしょ!講座』では、インフルエンザの予防に関する話がありました。

今年の冬を無傷で乗り切るためにメモしておきます。

スポンサーリンク

朝起きてすぐハミガキ

朝起きたとき、洗顔よりも先にまずハミガキをすると、インフルエンザの予防効果が期待できるそうです。

ある研究報告によると…

口腔ケアをしっかりした患者さんは、あまりしてない患者さんに比べて、インフルエンザの発症が明らかに抑えられたそうです。なんと10分の1まで抑えられたといいます。

理由

寝ているあいだに口の中で繁殖したばい菌は、酵素を出します。その酵素は、のどの粘膜を傷つけます。傷つくと、そこにウイルスが付着しやすくなります。

そうならないように、はやめにハミガキをするのがいいんですね。

ガムを噛む

ガムを噛むのも、インフルエンザの予防にいいそうです。

理由

ガムを噛むと唾液が出ます。

唾液は、感染の予防になります。

唾液はのどを潤してくれます。それだけではなく、口の中に入ってきたウイルスをからめ取って洗い流してくれます。洗い流されたウイルスは胃に到達します。

胃には、胃酸があります。この胃酸が、ウイルスをやっつけてくれるんだそうです。

よく噛む

唾液って大事なんですね。

ガムに限らず、ふだんの食事でよく噛むことも大切だといいます。ガムであっても食事であっても、よく噛めば唾液が出ることに変わりはありませんからね。

「よく噛んで食べる」

昔から言われているあたりまえのことを、ちゃんとすればいいんですね。

口の体操でインフルエンザ予防も

ほかにも…

インフルエンザ予防に実際に効果があったものとして、番組では「あいうべ体操」を紹介していました。口を動かすだけで出来る簡単な体操です。

詳しくは、インフルエンザの予防で大注目「あいうべ体操」をご覧ください。

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする