お年玉の由来は魂を分け合うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ちょっとした語源の話とか、言葉の由来とか、歴史の中にある小さなトリビアが好きです。

『お坊さんバラエティぶっちゃけ寺』で、お年玉という言葉の由来についてやっていました。

鏡もちに由来するそうです。

お正月にお供えしていた鏡もちは、あとでおいしく頂きますよね。

鏡もちを食べることは、ご先祖様などの「魂」を分け合うことになるといいます。

それが各家庭では「年神様」の「魂」を意味するそうで、そこから…

年神様の魂(としがみさまのたましい)

お年玉(おとしだま

となったようです。

鏡もちを食べることが、年神様の魂を頂戴するということになり、それが「お年玉」というわけです。

むかしからの言葉には、おもしろい由来があるんですね。

関連記事
「つつがなく」の語源は恐ろしい動物

PR
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク