カンフーキッドが蹴りでスマホを支えるかわいいスマホスタンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

あーりーです。

ジャッキー・チェンが好きです。

子どもの頃はよくジャッキー・チェンのまねをして、カンフーごっこをやってました。

そんなぼくがどうしても気になったスマホスタンドが…

きょうAmazonで見かけたカンフーキッド型スマホスタンドです。

スポンサーリンク

ハイキックでスマホを支える

それがこちら。

足を高く上げて、ハイキックをしています。

カンフーキッド型スマホスタンド 木製 オリジナルストラップ付ボールペンセット
※詳細は画像をクリック

これでスマホを支えるとどうなるかというと…

こんなふうになります。

カンフーキッド型スマホスタンド 木製 オリジナルストラップ付ボールペンセット
※詳細は画像をクリック

ハイキックでしっかりとスマホを支えていますね。

この状態でスマホの画面を見ると、せっかくのカンフーキッドの姿が見えなくなるというのも、また一興です。

消える魔球

このハイキック。

見ようによっては、『巨人の星』の星飛雄馬が、大リーグボール2号(消える魔球)を投げるときのフォームに似ています。

心の中でひそかに「これは消える魔球のスマホスタンドだ…」とほくそ笑むのも楽しいかも知れません。

スポンサーリンク

ジャッキー・チェンに憧れて体操部へ

さてさて。

ものすごく余談ですが…

子どもの頃のぼくは、ジャッキー・チェンの拳法に憧れるのはもちろん、バク転やバク宙といったアクションにも憧れました。

宙返りをするっていうことは、当たり前ですが、空中で逆さまになるっていうことです。

ぼくは子ども心に、「一生に一度も、空中で逆さまになる経験をしないまま死んでいくなんてイヤだ!」と強く思ったのを覚えています。

小学生の頃だったかなぁ。

おかしなこだわりですが、心底そう思ったんです。

それから体操に興味を持つようになって、のちに体操部に入りました。

ジャッキー・チェンに憧れて、格闘技を始めるのではなく、体操を始めたんです。

ぼくは戦いが好きというよりも、ジャッキーアクションのあの華麗さが好きだったんです。

このスマホスタンドを見て、そんなことを思い出しました。

100均にもスマホスタンドがいっぱい

話は変わりますが…

きょう100均でスマホスタンドを見てきました。

100均にも、いろいろなスマホスタンドがあるんですね。

スマホを立てるのにも、さまざまな立て方があります。台に乗せて立てる方法や、グルグル巻きにしばりつけて支える方法などなど。

スマホを立てるシチュエーションにも、いろいろあります。

自撮りするために立てる、動画を見るために立てる、ただ置いておくために収納として立てる。などなど。

目的によっても、選ぶスマホスタンドが変わってきます。

100均をうろうろしながら、スマホスタンドの奥の深さを感じた午後でした。

関連記事コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

自己紹介

あーりーと申します。アクセスありがとうございます。布団でぬくぬくしながら本を読んだりスマホでテレビを見たり、のんびり過ごすのが好きです。

ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ